フォトアプリガイド

青空めしカメラ(Android)

湯気を追加できる料理写真アプリ

今回紹介する「青空めしカメラ」は、“料理写真”に特化した総合カメラアプリだ。画像の全部、あるいは一部に対してエフェクトを付加できるソーシャル型の画像編集アプリだ。独自のアカウントで、写真を共有することもできる。

価格は無料。試用バージョンは1.4.0。

「青空めしカメラ」を起動したら、まず「写真を撮る」か「ギャラリーから選ぶ」のどちらかをタップする。

「写真を撮る」を選んだ場合、アプリのカメラ機能へと切り替わる。カメラ機能としてはかなり簡略化されており、ストロボのオン/オフ設定しかない。

また、本アプリで利用する画像は1:1の正方形画像に加工される。

撮影が終わる、あるいは画像を選んだら、編集画面へと切り替わる。本アプリの編集画面では、「フィルタ」「明るさ」「湯気」「ぼかし」という4つの編集機能がある。特に面白いのが「フィルタ」だ。

本アプリの「フィルタ」は、「プレーン」や「あつあつ」、「こんがり」「フレッシュ」といった16種類のエフェクトが収録されているが、エフェクト名はどれも料理をイメージしたものになっている。被写体に合わせたフィルタを選ぶことで、より料理の特徴を際立たせられるというわけだ。

「明るさ」は、被写体の明るさをスライダを使って調整できる機能。

「湯気」は、5種類の湯気エフェクトを追加する機能だ。湯気の種類だけでなく大きさも調整できる。ステッカーやスタンプ、テキストなどは画像編集アプリの追加要素としてよくみるが、湯気はなかなかに珍しい。さすが、料理に特化したアプリといったところだろうか。

最後に「ぼかし」を調整したら、本アプリの画像編集は完了だ。ぼかし位置や大きさも自由に調整できるので、必要に応じて利用してみよう。

画像編集が終わったら、「次へ」をタップして保存を行う。その際、「写真を保存してレシピを入力」「写真のみ保存する」という2つの項目が選べるが、本アプリを料理専用の画像編集アプリとして利用するなら「写真のみ保存する」をタップしよう。ソーシャルアプリとしても利用したい場合は、レシピ情報などを入力することになる。

本アプリは“料理を美味しく”撮影するためのカメラアプリだ。起動画面の「料理アーカイブを見る」をタップすれば、過去に自分が保存した料理画像&レシピのほか、他のユーザーがアップした情報が閲覧できる。ソーシャル機能を抜きにしても利用できるため、料理専用のカメラアプリとしても活用できるだろう。

また、1:1の正方形画像に加工されるため、そういう意味ではInstagramをはじめとした正方形画像専用のSNSと相性がよい。回転など、画像編集の基本機能がないという点は気になるが、それは今後のアップデートに期待したいところだ。

飯塚直

(いいづか なお)パソコン誌&カメラ誌を中心に編集・執筆活動を行なうフリーランスエディター。DTP誌出身ということもあり、商業用途で使われる大判プリンタから家庭用のインクジェット複合機までの幅広いプリンタ群、スキャナ、デジタルカメラなどのイメージング機器を得意とする。