フォトアプリガイド

撮っとこ(Android)

撮った写真を自在に整理。多機能な写真管理アプリ

 スマホを使って写真を撮るけど管理は面倒だし、見返すこともあまりない。そんな話をよく聞く。

 そんな折、ちょっと気になるアプリを見つけた。メーカー曰く、「とりあえず何でも写真に撮っておきたい! だけど、あとで整理するのは面倒くさい…。」という人にオススメらしい。上記のニーズを満たすアプリのようである。そこで、早速試用してみたわけだ。

 アプリの名前は「撮っとこ」。試用したのはバージョン1.2、価格は200円だった。

「撮っとこ」を起動すると、月間表示の月管理画面が現れる。初めて利用する際は「この月には写真がありません」というコメントのみ表示されるが、何はともあれ、早速撮影してみる。撮影するには、まず管理画面右上にある「カメラ」アイコンをタップする。

「撮っとこ」を起動して表示された月管理画面
「カメラ」アイコンをタップすると、撮影モードに切り替わる

 撮影モードに切り替わったら、画面下部中央のシャッターアイコンをタップして撮影を行なう。

 なお、いわゆる「カメラアプリ」に搭載されるような支援機能はなく、この画面で行なえるのは「シャッターを切る」「撮影位置の変更(縦位置/横位置)」「ギャラリーを呼び出す」の3つだけ。欲をいえば、ホワイトバランスやマクロモードなど、最低限の支援機能は欲しかった。

 撮影を終了し、「Save」をタップすることで、写真が保存される。保存された写真は、撮影月ごとに管理される。月管理画面では、撮影日や曜日、時間なども表示されており、いつ撮影したのかがわかりやすい。

 ちなみに、撮影モードで「ギャラリー」アイコンをタップすると、端末内の画像を選択でき、任意の撮影日、時間を指定可能。少々手間になるが、別のカメラアプリで撮影しておき、後から本アプリに登録できるわけだ。

撮影した写真は月管理画面で確認できる。撮影時間や曜日なども併せて表示されている
ギャラリーで選択した写真を登録しているところ。画面上部の日付部をタップすると、日付のほか、時間の指定が可能だ
登録した写真を開いたところ。登録時は縦位置写真だったが、再生時では横位置になってしまった。実はこれ、撮影位置の変更を行わないと本アプリでも同じような現象が起こる。後から変更できないので厄介だ

 月管理画面では、撮影日を一覧表示(一覧リスト)できるほか、カレンダー形式(カレンダー)での表示にも対応する。単純に撮影した写真を確認したい時は「一覧リスト」を利用し、ピンポイントで撮影日を指定したい場合は「カレンダー」を利用するとよいだろう。

カレンダー表示画面。撮影枚数がカレンダーに記載されており、いつ何枚撮影したかがすぐにわかる

 一覧リストなどで表示されたサムネイル部をタップすることで、写真を拡大して表示できる。この写真表示画面では、写真に対してキャプション(写真の説明コメント)の追加が可能だ。

写真の再生画面で、画面下部の「鉛筆」アイコンをタップすると、キャプション&アイコン追加画面へと切り替わる

 また、「星」「ハート」「人物」「フォーク」「リボン」といった5種類のアイコンを登録しておける。このアイコンは写真の検索機能を利用した際に使うもので、例えば「5月の写真で「星」アイコンの付加されたもの」といったような感じで探せる。検索を有効に使うためにも、キャプションは面倒でも、アイコンだけは付加しておきたい。

用意されたアイコンは5種類。検索機能で利用できるので、キャプションの追加時にはぜひ登録しておこう
キャプションとアイコンを付加した状態。一覧リスト画面では、サムネイルと合わせてキャプションとアイコンが表示される
画面上部の「虫眼鏡」アイコンをタップし、検索機能を使ってみた。年/月を指定して写真を検索できるだけでなく、登録したアイコンによる絞り込みが可能だ

 本アプリは写真の管理アプリではあるが、いわゆるインテントにも対応しているので、メール添付のほかSNSなど、導入済みのアプリを使っての各種サービスへの投稿が可能だ。

写真の再生画面で「共有」アイコンをタップすると、アプリケーションの選択画面が表示される

 初期設定では「赤」色のインタフェースカラーも、用意された5色から変更できる。変更する際は、端末のメニューボタンを押して表示された「テーマ色の変更」から行なう。

テーマ色は初期設定の「赤」ほか、「青」「橙」「緑」「紫」の4種類が用意されている

 また、メニューにはこのほか「データのバックアップ」と「データの取り込み」という機能がある。登録したデータのバックアップ、保存しておいたバックアップデータを取り込むといった機能だ。単純なバックアップだけでなく、無料版で作成しておいたバックアップデータを有料版に取り込むといった使い方も可能だ。

バックアップ機能は、「間違って写真をを消してしまった」あるいは「アプリを一時的に削除した」際などに便利な機能。無料版から有料版への切り替えにも利用できる

 本アプリは、一覧リスト表示やキャプション機能を有したことで、ライフログアプリとしても活用できる。例えば食事や子どもの記録などだ。また、アイコンによる管理が可能なため、人物写真だけ、ペットの写真だけといった絞り込み表示も行なえる。

 試用した感じでは、カメラ機能にやや難(反応が遅いなど)を感じるほか、あらかじめ撮影位置(縦位置/横位置)を指定しておかないと後から変更できないなど、不満がある。簡易的でもよいから、回転、トリミングなどの編集機能がほしいし、SNSへのダイレクト投稿にも対応してほしい。

 とはいえ、管理アプリとしてのコンセプトは満足のいくものだった。このまま順当にバージョンアップを重ねたら、メインの管理&ビューワアプリとして十分に利用できるだろう。

 なお、保存件数に限り(300件)&広告表示のある無料版「撮っとこ 無料版」も公開されている。

飯塚直

(いいづか なお)パソコン誌&カメラ誌を中心に編集・執筆活動を行なうフリーランスエディター。DTP誌出身ということもあり、商業用途で使われる大判プリンタから家庭用のインクジェット複合機までの幅広いプリンタ群、スキャナ、デジタルカメラなどのイメージング機器を得意とする。