写真展

鉄道写真家中井精也プロデュース「乗ろう!撮ろう!大鉄道展」

(フジフイルムスクエア)

撮影:中井 精也

FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)では、2014年9月12日(金)から10月1日(水)まで、新幹線や鉄道の旅の魅力を伝える企画展『乗ろう!撮ろう!大鉄道展』を開催いたします。

日本の高度成長期を象徴する高速鉄道として1964年に開業した東海道新幹線は、本年10月1日(水)に50周年を迎えます。『乗ろう!撮ろう!大鉄道展』では、半世紀にわたって日本人の生活を支えてきたこの鉄道の魅力を紹介。ベテランから若手までの鉄道写真家などの約100点の作品を通じて、季節や情景と調和した鉄道の風景としての美しさや、旅する楽しさを伝えます。

「東海道新幹線五十三次」と題した展示では、東海道新幹線の東京駅から新大阪駅までの風景を切り撮った53枚の作品でつづり、路線の行程をたどりながら作品を鑑賞できます。展示は、新進気鋭の若手の鉄道写真家の作品で構成。自由な発想や視点で新幹線をとらえた、新しい感覚の鉄道写真をご覧いただけます。

そのほか、本展では、幅広い層の方に鉄道の魅力に触れていただけるよう、親しみやすい企画や記念になる撮影コーナーを用意しております。

本展のプロデューサーである中井精也氏の作品や、若者が一人旅に挑戦しその行程を記録した「青春ひとり旅写真」、また新幹線の実寸大の写真のコーナーではパネルの前に立って記念撮影が可能。幅3.5メートル高さ4メートルにも及ぶ巨大な新幹線写真を背景に迫力の記念写真を撮ることができます。

さらに撮影体験を楽しめる企画として、中井精也氏のアトリエに走る架空の鉄道「ゆる鉄蒲生線」をフジフイルム スクエアに再現。迫力あるGゲージサイズで、昔懐かしい軽便鉄道風景の撮影を楽しむことができます。路線と車両は本展のためにオリジナルで制作、背景には青空の写真を配置し、自然の中を走る鉄道の世界を表現。線路の脇に本物の植物を使った木や草を茂らせて、リアリティのある写真撮影を体験できます。

また会期中9月13日(土)に中井精也氏によるトークショーを開催いたします。

※ 会場内ではすべてのエリアで写真撮影を楽しむことができます。

(写真展情報より)

撮影:中井 精也
撮影:中井 精也
撮影:持田 昭俊

  • ・会場:フジフイルムスクエア
  • ・住所:東京都港区赤坂9-7-3東京ミッドタウン・ウェスト
  • ・会期:2014年9月12日金曜日〜2014年10月1日水曜日
  • ・時間:10時〜19時
  • ・休館:会期中無休
  • ・入場:無料
  • ・トークショー:9月13日土曜日14時〜16時

出展写真家は、久保田敦氏・助川康史氏・中井精也氏・長根広和氏・村上悠太氏・持田昭俊氏・山ア友也氏。

()