ニュース

「RICOH THETA S」でセルフタイマー撮影が可能に

基本アプリ更新、ライブストリーミング用PCアプリの公開も

リコーは3月24日、全天球カメラ「RICOH THETA」に関する複数のアップデートを告知した。THETA Sの本体ファームウェアおよび、THETA S/THETA用のアプリが新しくなる。また、ライブストリーミング用のPCアプリも新たに公開された。

RICOH THETA S

RICOH THETA S本体ファームウェア更新(Ver.01.42)

新たにセルフタイマー撮影に対応。Wi-Fiボタンを押しながら電源ONすると、シャッターボタン上のランプが緑点灯する。デフォルト設定は5秒で、スマートデバイス用アプリ上で2秒/5秒/10秒に変更可能。カウントダウン中はランプが点滅する。

また、PTP/USBカメラコントロールに対応。PCにUSB接続した状態でも撮影可能になった。

THETAアプリ更新

RICOH THETA S

iOS/Android共通で、最新ファームウェアのTHETA Sでセルフタイマー撮影が可能になった。時間は2秒/5秒/10秒から設定できる。

iOS版のみ、ヘッドマウントディスプレイ向けの表示が動画にも対応した。これにより、静止画・動画ともに「アプリ」「写真」「カメラ」の画像を表示できるようになった。

RICOH THETA

iOS版のみ、ヘッドマウントディスプレイ対応の表示が可能になった。静止画、動画ともに「アプリ」「写真」「カメラ」の画像を表示できる。

なお、いずれの環境でも全てのヘッドマウントディスプレイでの対応を保証するものではないとしている。

RICOH THETA for Windows/Mac

いずれもVer.2.1.2にアップデート。バグ修正を含む。

Developers BETAサイト

USB経由でPCからRICOH THETA Sの撮影機能をコントロール可能とした。詳細はDevelopers BETAサイトで。

USBライブストリーミングモード対応アプリ公開

THETA SからUSB出力されるライブストリーミング映像(セパレート映像)を繋ぎ合わせるPC用アプリ「RICOH THETA UVC Blender」を公開した。

繋ぎ合わせた映像は、Google Hang Out(Chrome)などの外部のライブストリーミングサービスで使用可能という。詳細はWebサイトにて。