ニュース

thinkTANKphoto最大のキャリーバッグ

スタンドなど長尺モノを含む収納・移動に

銀一は、米国thinkTANKphoto社の新製品として、プロカメラマン向けのキャリーバッグ「Production Manager50」を3月24日に発売する。高さ1m越えの大型バッグ。

thinkTANKphotoで最大級を誇るキャリーバッグ。

希望小売価格は税別10万円。

収納可能な機材の目安は、フラッシュヘッド3〜4台、パワーパック2〜3台、
モノブロック複数台、ソフトボックス複数個、アンブレラ複数本、ライトスタンド(分離型C-スタンド含む)。

バッグ4面にハンドルを装備。2人で運ぶ際にも便利という。

側面には三脚やスタンドも取り付けられる。車輪は衝撃吸収性を高めたとのこと。

内部にはカスタマイズ可能な仕切り板を装備。

外形寸法は44×135×32cm。内形寸法は39.5×125×25cm。