ニュース

東芝のNFC搭載SDカードに64GB版が登場

対応Android端末にかざすとカード内の画像をサムネイル表示

株式会社東芝は、NFCを搭載したSDメモリーカードに64GBモデルを追加。2月20日から発売する。価格はオープン。店頭予想価格は1万円(税込)の見込み。

NFC搭載SDメモリカード製品は、アプリをインストールしたNFC搭載Android端末にかざすことで、カードの中身を確認できるのが特徴。専用アプリ「Memory Card Preview」を使用することで、カード内の画像の情報やサムネイル画像など取得できる。

東芝これまで8GB、16GB、32GBの各容量の製品をラインナップしていたが、このたび64GB版の発売が決まった。

SDインターフェイス規格UHS-1に対応。SDスピードクラスはClass 10。

2月25日にパシフィコ横浜で開幕するイベント「CP+2016」の東芝ブースでも披露される。