ニュース

キヤノン、バッテリーを装着できる小型フォトプリンター「SELPHY CP1200」

Wi-Fi、AirPrint、SDカード、USBから印刷可能

キヤノンは、コンパクトフォトプリンター「SELPHY CP1200」を2月25日に発売する。直販価格は税別1万2,800円。ボディカラーはホワイトとピンク。

「SELPHY CP910」の後継となる昇華型の小型フォトプリンター。ポストカードサイズのプリントや、8分割のシール印刷など、専用に用意された様々なタイプのカラーインク/ペーパーセットを使える。

従来モデルからWi-Fiプリント機能およびAirPrint対応を継承。新たにUSB経由でのプリントも可能とした。

また、別売のバッテリー「NB-CP2LH」を本体に直接装着できるようにした。バッテリー駆動時の印刷枚数も36枚から54枚にアップ。

バッテリー装着イメージ

搭載する液晶モニターや、プリントスピードは従来通り。2.7型チルト式の液晶モニターを装備し、Lサイズ1枚約39秒で出力する。

外形寸法は180.6×135.9×63.3mm。重量は約860g(インクカセット、ペーパーカセットを除く)。

なお、初回限定でカードサイズ用紙を組み合わせた「CP1200カードプリントキット」を税別1万3,800円で用意する。限定数は1万。