ニュース

富士フイルム、コンパクトな標準レンズ「XF35mm F2 R WR」

金属外装のクラシカルなデザイン

富士フイルムは、Xマウントの交換レンズ「XF35mm F2 R WR」を11月19日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は税別4万4,500円前後。ブラックとシルバーを用意する。

35mm判換算での焦点距離が53mm相当となる標準単焦点レンズ。。2枚の非球面レンズを含む6群9枚構成の光学設計により、高画質化とコンパクト化を同時に実現したという。FUJIFILM X-Pro1の光学ファインダーを覗いた際もケラレが発生しない。

インナーフォーカスとステッピングモーターの採用で最速0.08秒の高速AFを実現したとしている。外装は金属製で、クラシカルなデザインとなっている。防塵防滴に加えて、-10度の耐低温性能も有する。

同焦点距離の純正レンズとしては、「XF35mm F1.4 R」(実勢価格は税込4万9,970円前後)がある。

最短撮影距離は35cm。最大撮影倍率は0.135倍。絞り羽根は9枚(円形)。フィルター径は43mm。最大径×全長は60×45.9mm。重量は170g。

円形フードが付属するが、別売でクラシカルなデザインの穴あきフード「LH-XF35-2」(税別7,300円)も用意する。

なお、本レンズの性能を最大限に発揮させるには、カメラのファームウェアアップデート(10月29日公開予定)が必要。

X-T10への装着例
同梱のフード
LH-XF35-2