ニュース

海外発表:カールツァイス、フルサイズEマウント用AFレンズ「Batis」2本

レンズ側面に有機ELディスプレイ付き 手ブレ補正も

Batis 2/25

カールツァイスは4月22日、フルサイズのソニーEマウント用レンズ「Batis(バティス)2/25」および「Batis 1.8/85」を発表した。海外では7月に発売し、価格はそれぞれ1,299ドルと1,199ドル。国内発売は未定。

Batis 1.8/85

ともに単焦点のAFレンズ。Batisは新シリーズとなる。鏡胴に有機ELディスプレイを備えるのが特徴で、合焦距離と被写界深度を表示する。低輝度時でも表示が見やすいという。

カールツァイスではフルサイズEマウント対応レンズとして、「Loxia 2/35」と「Loxia 2/50」をラインナップしているが、いずれもMFレンズとなっている。

Batis 2/25は、25mm F2の超広角レンズ。レンズ構成は両面非球面レンズ4枚を含む8群10枚。最短撮影距離は0.2m。最大撮影倍率は1:5.2。フィルター径は67mm。最大径×全長は81×78mm。重量は335g。

Batis 1.8/85は、ゾナータイプの光学系を採用した85mm F1.8の中望遠レンズ。本レンズのみ手ブレ補正機構を備える。レンズ構成は8群11枚。最短撮影距離は0.8m。最大撮影倍率は1:7.9。フィルター径は67mm。最大径×全長は81×92mm。重量は475g。