ニュース

富士フイルム、X-T1用のテザー撮影ソフト

FinePix S5Proも対応

 富士フイルムは、パソコン撮影専用ソフトウエア「HS-V5 for Windows Ver.1.0」を2015年1月15日に発売する。FUJIFILM X-T1、FUJIFILM X-T1 Graphite Silver Edition、FinePix S5Proに対応する。価格は税別1万6,000円。対応OSはWindows7/8/8.1。

FUJIFILM X-T1
FinePix S5Pro

 USBでパソコンからカメラをコントロールしたり、画像を転送できるソフト。パソコンからは露出やレリーズ操作などが行える。

 同梱の画像ソフトHyper-Utility3で画像を閲覧できる。ヒストグラムやハイライト警告表示のほか2枚の比較表示も可能。マーカー機能による分類などもできる。

 なおX-T1、X-T1 Graphite Silver Editionで使用する場合はカメラのファームウェアをVer.3.0以降にする必要がある。