ニュース

Wi-Fiに対応した防水・耐衝撃コンパクト「RICOH WG-30W」

 リコーイメージングは、コンパクトデジタルカメラ「RICOH WG-30W」を12月に、Wi-Fi機能を持たない「RICOH WG-30」を10月下旬に発売すると発表した。店頭予想価格はWG-30Wが3万2,500円前後、WG-30が2万7,500円前後(いずれも税別)。

 カラーバリエーションはWG-30Wがカーボングレーとフレームオレンジ、WG-30がエボニーブラックとバーミリオンレッド。

RICOH WG-30Wカーボングレー
RICOH WG-30Wフレームオレンジ
RICOH WG-30エボニーブラック
RICOH WG-30バーミリオンレッド

 防水耐衝撃カメラのスタンダードクラスに位置づけるWG-20の後継機。水深12m防水、耐落下1.5m、マイナス10度耐寒、100kgf耐荷重といったタフネス設計を特徴とする。シリーズ上位機には「RICOH WG-4 GPS/WG-4」がある。

 WG-30WのみWi-Fi機能を内蔵し、撮影画像の転送だけでなく、スマートフォン側からシャッターを切るリモート撮影も可能になった。WG-30は無線LAN対応SDカード「Eye-Fi」との連動機能を備える。

RICOH WG-30Wカーボングレー
RICOH WG-30Wフレームオレンジ

 撮像素子は1/2.3型有効約1,600万画素のCMOSセンサー。感度はISO125-6400。手ブレ補正は電子式。4枚の連写合成を用いた「手持ち夜景」モードを備える。

 レンズは35mm判換算28-140mm相当F3.5-5.5の5倍ズーム。レンズ周囲に6灯のLED補助光を持ち、デジタル顕微鏡モードでの接写時などに利用できる。

 動画記録は最大1,920×1,080/30fpsのH.264。720pでのハイスピードカメラ撮影や、インターバル動画撮影にも対応する。

 液晶モニターは2.7型約23万ドット。バッテリーはD-LI92。撮影可能枚数は約300枚。

 外形寸法は約122.5×61.5×29.5mm。バッテリーとSDカード込みの重量はWG-30Wが約194g、WG-30が約174g。

 最短撮影距離1cmの状態でカメラを保持する「マクロスタンド」を同梱するほか、別売のWGシリーズ用マウントアクセサリーに対応。リモコン受光部をボディ前面と背面に搭載している。

マクロスタンド装着イメージ

 本体を傷や汚れから守る「プロテクタージャケットO-CC1572」(税別2,500円、近日発売)を用意する。

プロテクタージャケットO-CC1572