ニュース

「マイクロフォーサーズシステム規格」にJVCケンウッドが賛同

4Kスーパー35カメラを参考出品

 JVCケンウッドは4月7日、「マイクロフォーサーズシステム規格」に賛同したと発表した。米ラスベガスで4月7日から4月10日にかけて開催されるイベント、NAB2014に対応製品を参考出品する。

 参考出品するのは、マイクロフォーサーズマウントを採用した「4K対応レコーダー/プレーヤー分離型カメラレコーダー」および「4Kハンドヘルドサイズカメラレコーダー」の2製品。

 いずれも“4K Super 35mmイメージセンサー”を搭載する。前者はカメラヘッドとレコーダー部が分離型となっており、後者は一体型。

 マイクロフォーサーズシステム規格は、2008年にオリンパスとパナソニックが共同で発表したレンズ交換式カメラのシステム。

 これまで同規格には、アストロデザイン、SVS-VISTEK、カールツァイス、ケンコー・トキナー、コシナ、駒村商会、シグマ、シュナイダークロイツナッハ、JKイメージング、タムロン、ビュープラス、フォトロン、ブラックマジックデザインが賛同を表明している。