ニュース

全天球が撮れるボール形カメラ「Panono」の出資者を募集

2014年の発売を目指す

 ドイツのPanono(パノノ)GmbHは、全天球ボール形カメラ「Panono」の製造と販売のためにクラウドファンディングによる出資を募っている。

 Panonoは、2014年10月〜12月の発売を目指しているボール型のカメラ。価格は599ドル。36個のカメラを内蔵し、放り投げることで7,200万画素の全天球撮影ができるとする。加速度計を搭載し、カメラが最高点に達したところで撮影する。画像はモバイル端末にワイヤレス転送されるという。モバイル端末からの操作もできるとしている。

 クラウドファンディングによる資金調達は、Indiegogo.comで11月12日から行なっている。期限は2014年1月4日。目標金額は90万ドルで、10日現在は約52万ドルを調達している。

 499ドルを出資すると100ドル割引でPanonoが手に入る(2014年9月発送)。また2,999ドルを出資すると早期特典として2014年7月にPanonoが発送される。

(本誌:武石修)