ニュース

ニコン、高倍率DXズームレンズ「18-140mm F3.5-5.6 ED VR」

 株式会社ニコンイメージングジャパンは、デジタル一眼レフカメラ用の交換レンズ「AF-S DX NIKKOR 18-140mm F3.5-5.6 G ED VR」を8月29日に発売する。価格は7万3,500円。ズーム比約7.8倍の高倍率ズームレンズ。

 APS-Cサイズ相当の撮像素子を採用するニコンDXフォーマットのデジタル一眼レフカメラで使用できる高倍率ズームレンズ。

 画角は35mm判換算で焦点距離27-210mm相当。日常的なスナップ、ポートレート、風景撮影などをカバーする。

 なお本製品の追加で、広角端18mmから始まるニコンDXズームレンズとしては、下記の5本がラインナップすることになる。

・AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-55mm F3.5-5.6 G II
・AF-S NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6 G ED VR
AF-S DX NIKKOR 18-140mm F3.5-5.6 G ED VR
・AF-S DX NIKKOR 18-200mm F3.5-5.6 G ED VR II
・AF-S DX NIKKOR 18-300mm F3.5-5.6 G ED VR

 レンズ構成は12群17枚。EDレンズ1枚、非球面レンズ1枚を採用する。

 約4段分の手ブレ補正(VR)機構を搭載。

 AF駆動用には、静粛な超音波モーター(SWM: Silent Wave Motor)を採用する。

 最短撮影距離は0.45m。最大撮影倍率は0.23倍。

 7枚羽根の円形絞りを採用する。

 外径寸法は約78×97mm(最大径×全長)。質量は約490g。ニコンでは「旅行などでも手軽に持ち運べるサイズと軽さ」としている。フィルター径は67mm。

 フード「HB-32」は別売。価格は2,625円。ソフトケース「CL-1018」も2,625円で別売となる。

フード「HB-32」
ソフトケース「CL-1018」

 同じフードのHB-32を採用するAF-S DX Zoom Nikkor ED 18-70mm F3.5-4.5 G(IF)、AF-S NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6 G ED VR、AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-135mm F3.5-5.6 G(IF)では、いずれも本体に付属していた。