【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】

富士フイルム、“レジャー向け”のシンプルタフネス機「FinePix XP50」


 富士フイルムは、タフネス性能を有するコンパクトデジタルカメラ「FinePix XP50」を6月9日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は2万円前後の見込み。カラーはオレンジ、シルバー、グリーンの3色を用意する。

オレンジ

 「FinePix XP150」の下位モデルにあたるタフネス機。1月に海外発表していた。5m防水、耐落下1.5m、-10度耐低温、防塵のタフネス性能を持つ。同社ではアクティブなアウトドア向けという上位機FinePix XP150に対し、FinePix XP50を「レジャーシーンで気軽に撮影を楽しむために必要な機能を十分に備えた」モデルとしている。

 上位モデルのFinePix XP150は10m防水、耐落下2m、-10度耐低温、防塵の性能を持ち、GPS機能も搭載している。

 CMOSセンサーの採用により1,920×1,080ピクセルのフルHD動画記録に対応。10コマ/秒の連写、240コマ/秒のハイスピード動画記録も可能とした。レンズは35mm判換算28-140mm相当の5倍ズームでFinePix XP150と同じ。

 SNSへの投稿予約設定をカメラ内で行なえる「ウェブアップロード」機能、パノラマ撮影機能「ぐるっとパノラマ360」なども利用できる。

 液晶モニターは2.7型約23万ドットでFinePix XP150と同じ。

シルバー グリーン
製品名 FinePix XP50
撮像素子 1/2.3型有効1,440万画素CMOS
レンズ 28-140mm相当(35mm判換算)F3.9-4.9
最短撮影距離
(レンズ前)
9cm(マクロモード広角端)
40cm(マクロモード望遠端)
手ブレ補正 センサーシフト式
感度 ISO100-3200
ISO1600-6400(高感度モード)
液晶モニター 2.7型23万ドット
記録メディア SDXC/SDHC/SDメモリーカード
内蔵メモリー(95MB)
連写速度 10枚/秒
動画記録 1,920×1,080/30fpsなど
バッテリー リチウムイオンバッテリーパックNP-45A
撮影可能枚数 約220枚
外形寸法 99×67.8×25.6mm
質量 約155g(本体)
約175g(バッテリー、メモリーカード含む)

【2012年5月24日】「28-240mm相当」との誤記を「28-140mm相当」に改めました。



(本誌:鈴木誠)

2012/5/23 12:35