【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
【 2016/05/20 】
【 2016/05/19 】

オプトオオノ、乱視対応の視度補正アイピース「アジャスティグマ」


 オプトオオノは、「アジャスティグマ」(Adjustigma)の予約受付を6月に開始する。予定価格は標準仕様が5万円、オーダー仕様が6万5,000円。発売当初は受注生産としている。

アジャスティグマ本体

 一眼レフカメラ用の視度補正アイピース。乱視・近視・遠視を補正するレンズの搭載により、メガネの着用によるファインダー像のケラレなどから解放されるとしている。利き目と度数のデータ(メガネ処方箋や作成データ)をもとにオーダーできる。

 乱視によるピントの甘さに悩む声から開発した製品といい、製品コンセプトを“カメラのメガネ”としている。製品名のアジャスティグマは、アジャスト(修正、調整、補正)とアスティグマティズム(乱視)を融合させた造語という。

ニコンD3の純正アイピース装着時 アジャスティグマを装着。撮影時は縦位置・横位置の切り替えに併せてリングも回転させる。
ニコンD40にニコン純正アイピースアダプター、アジャスティグマ用オリジナルステップアップリングを装着したところ ステップアップリングを介してアジャスティグマを装着
アジャスティグマにニコン純正アイカップを装着したところ

 対応機種はニコンD一桁シリーズ、F一桁シリーズ、D800、D700としており、丸窓ファインダーでないニコン一眼レフカメラにもオリジナルのステップアップリングやアクセサリーで対応するとしている。

(本誌:鈴木誠)

2012/5/7 17:31