【 2016/05/31 】
【 2016/05/30 】
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】

ポラロイド、プリンター内蔵デジカメ「Polaroid Z340」


 サミット・グローバル・ジャパンは、ポラロイドブランドのインスタントデジタルカメラ「Polaroid Z340」を17日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は3万2,800円前後の見込み。

Polaroid Z340

 プリンターを内蔵したデジタルカメラ。撮影した画像を60秒以下でプリントできるのが特徴。プリントにはZINK Imaging社の第2世代となるプリント技術を採用。従来より高画質になったとする。ペーパーは既存の「ZINKペーパー3×4」に対応する。ペーパーの実勢価格は30枚入りで1,980円前後。ペーパーのみでプリントでき、インクなどは必要ない。

 本体デザインのコンセプトは「レトロフューチャー」。「Polaroid Spectra」のデザインを正統進化させ、一目でポラロイドだとわかる意匠にしたという。SX70やPeel Apartフィルムを再現した撮影モードも搭載しており、従来からのポラロイドカメラファンをメインターゲットに展開する。加えて、パソコン不要で簡単にプリントできる点を広く訴求していく。

液晶モニターは跳ね上げ式 後部に給紙部がある

 Z340はこれまで「Polaroid THREE」として試作機が公開されていたモデル。ポラロイドではレディー・ガガさんとのコラボレーションとしてGrey Labelのインスタントデジタルカメラ「GL30」も発表済みだが、今回のモデルはGL30とは異なる。GL30はZ340をベースにより高機能な製品になるという。GL30の発売時期は引き続き未定としている。

構えたところ 各部の名称
「LOMOモード」なども備える 従来のポラロイドカメラを再現したカラーもども利用可能
人生のさまざまなイベントを始め、イベントや簡易的な会員証など法人向け需要も想定する ペーパーサイズは3×4インチ

 Z340の撮像素子は有効1,400万画素CMOSセンサー。720pのHD動画撮影も可能。レンズは35mm判換算42mm相当、F3.25の単焦点タイプ。マクロ時は広角端で10cm、望遠端で100cmまで近づける。跳ね上がり式の2.7型液晶モニターを上部に備える。プリントはSpectraと同様前面から排紙する。感度はISO100〜6400。記録メディアはSDHCメモリーカード。電源はリチウムイオン充電池。フル充電で25枚のプリントができる。

 サイズは65×155×127.5mm、バッテリーを含む重量は約620g。

撮影後にプリントボタンを押すと、プリントが1分以内に出てくる
Z340があるライフスタイルの展示も行なっていた こちらは9月に発売済みのインスタントプリンター「GL10」。レディー・ガガさんとのコラボレーション製品で、スマートフォンユーザーなどに向けている

「プリントに勝る感動無し」

 15日に都内で開催した発表会でサミット・グローバル・ジャパン取締役の小島佑介氏は、「プリントに勝る感動はなく、プリントしないで写真を撮った気になるのは本当の喜びを放棄している」と述べ、“絶対プリント主義”を掲げる。「Z340は、忘れてしまったプリントの感動を思い出させてくれる。このプリントは病みつきになる。デジタル時代に新しい風を送り込むと信じている」(小島氏)とした。

サミット・グローバル・ジャパン取締役の小島佑介氏。オリンパスでデジタルカメラの開発に携わった後、コダック日本法人社長、フレクトロニクス日本法人社長などを歴任した
ポラロイドのブランド力は非常に強いという インスタントカメラやフィルム市場は縮小傾向なものの、100億円近い市場があるという

 国内では今後1年で3万台の販売を目指す。ペーパーも含む売上は同12億円になるとしている。なお、北米及び欧州では既に発売済み、近くブラジルやシンガポールでも発売する。世界市場では、国内の10倍近くの販売を見込めるとしている。

 発表会では写真家・小説家の藤代冥砂氏のインタビュー映像を上映。Z340で作品制作を行なった藤代氏は「ポラロイドファンが求める可愛さや格好良さが現代にマッチした、デジタルっぽさが無いカメラ。ポラロイドで撮影すると世界で一枚なので一期一会が強調されます」と話した。会場には藤代氏がZ340で撮影した作品「GOD BRESS OUR HOME」も展示した。

インタビューに答える藤代冥砂氏 会場に展示された藤代氏の作品

 なお、Z340やGL10を用いた作品製作の依頼や支援も行なう。期間は2011年12月1日〜2012年11月30日。2011年12月中旬に専用Webサイトで詳細を公開する。ギャラリーでの作品公開も予定していている。

2012年には、ヴァージンアトランティック航空やLA DITTAなどとキャンペーンを展開していく 会場では歴代のポラロイドカメラも展示した



(本誌:武石修)

2011/11/15 16:21