【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
【 2016/05/20 】
【 2016/05/19 】
【 2016/05/18 】

パナソニック、価格を抑えた16倍ズーム機「LUMIX DMC-TZ18」


 パナソニックは、16倍ズームレンズを搭載したコンパクトデジタルカメラ「LUMIX DMC-TZ18」を5月19日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は3万3,000円前後の見込み。カラーはシルバーとブラック。

LUMIX DMC-TZ18(シルバー)

 広角24mmからの16倍ズームを搭載したモデル。同社が“旅カメラ”と位置づける「DMC-TZ」シリーズの新製品。

 2月に発売した「LUMIX DMC-TZ20」とレンズ倍率などは共通としながらも、GPS機能などを省略することで価格を抑えた。センサーのサイズと画素数も同じだが、DMC-TZ20がMOSセンサーなのに対してCCDとなっている。液晶モニターもサイズは3型で同じだが、解像度は約46万ドットから約23万ドットを採用した。また動画面ではDMC-TZ20がAVCHDを採用していたのに対して、本機は720pのMotion JPEGとなっている。

 カメラが自動的に撮影状況を判断して設定する「おまかせiA」を引き続き搭載した。また、シャッター速度優先AE、絞り優先AE、マニュアル露出も利用できる。AF速度は、モーターの高速化、アルゴリズムの最適化などで従来モデル「LUMIX DMC-TZ10」(2010年3月)から49%向上したとする。シャッターユニットを見直すことで、シャッター速度の高速化も図った。

LUMIX DMC-TZ18(ブラック)
製品名 LUMIX DMC-TZ18
撮像素子 1/2.33型有効1,410万画素CCD
レンズ 24-384mm相当(35mm判換算)F3.3-5.9
最短撮影距離 3cm(マクロモード広角端)
1m(マクロモード望遠端)
手ブレ補正 光学式
感度 ISO100-1600、ISO1600-6400(高感度モード)
露出プログラム プログラムAE、絞り優先AE、シャッター速度優先AE、マニュアル
測光方式 マルチ測光、中央重点、スポット
シャッター速度 60-1/4,000秒(星空モード含む)
液晶モニター 3型約23万ドット
記録メディア SDXC/SDHC/SDメモリーカード
連写速度 約1.9枚/秒(フル解像度)
動画記録 Motion JPEG(1,280×720・30fps)など
バッテリー リチウムイオン充電池
撮影可能枚数 約340枚
外形寸法 104.9×57.6×33.4mm
質量 約188g(本体)
約210g(バッテリー、メモリーカード含む)



(本誌:武石修)

2011/4/26 15:55