【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
【 2016/05/20 】
【 2016/05/19 】
【 2016/05/18 】

タカラトミー、5,980円の3Dデジカメ「3D Shot Cam」

〜別売でポストカードサイズの紙製ビューアーを用意

 タカラトミーは、ビューアーをセットにした3Dデジタルカメラ「3D Shot Cam」を2011年春に発売する。価格は5,980円。カラーはホワイトとピンク。

3D Shot Cam。ピンク(左)とホワイト(右)

 左右2つのレンズを搭載し立体映像を撮影できるデジタルカメラ。画像をLサイズにプリントし、付属の専用ビューアーで見ると立体視ができる。「簡単、手軽に3D写真を楽しめる」としている。対象年齢は12歳以上。年間5万台の販売を目指す。

 3D Shot Camで撮影した画像は、Lサイズにプリントすると左右に2枚がレイアウトされる。この写真の上下を切り取って、同梱の組み立て式ビュアーにセットして鑑賞する。

 ビューアーは紙製で平らにすると100×146mmのポストカードサイズになる。メッセージなどを書き込んで、オリジナルの3D写真と一緒に贈るとグリーティングカードとして活用できるとする。専用ビューアーは本体に2枚付属するが、5枚セットの追加ビューアーも980円で用意する。

専用ビュアー2つが付属する(右奥)。手前はプリントした写真 専用ビューアーで鑑賞しているところ

 30万画素の撮像素子、SDHC/SDメモリーカードスロット(8GBまで対応)などを搭載する。電源は単4電池×3本。撮影可能枚数は200枚。本体サイズは55×142×30mm、本体のみの重量は約100g。

 本製品は、同志社大学が行なっている実践型、参加型の授業「プロジェクト科目」における“玩具産業を通じて学ぶ学生のための「実践と自立のための玩具企画開発」”の中で発案された学生(経済学部2回生、2008年当時)の企画を実現したもの。

 左右2つのレンズを備えるデジタルカメラとしては、富士フイルムの「FinePix REAL 3D W3」やレッツの「3D Sunday Pocket HD Camera」などがある。




(本誌:武石修)

2010/9/6 18:03