ニュース

キヤノン、ネットワークカメラを用いた「医療機関向け遠隔モニタリングパッケージ」を発売

病院での"密回避"や濃厚接触者の早期特定に

濃厚接触者早期特定イメージ

キヤノンマーケティングジャパン株式会社は1月7日、同社のネットワークカメラを用いた「医療機関向け遠隔モニタリングパッケージ」を1月中旬に発売すると発表した。

新型コロナウイルス感染症から医療従事者を守り、感染拡大防止を支援することを目的としたパッケージ。患者に直接接触することなく、容態や医療機器の状態をチェックできるシステムとなっている。いわゆるコロナ渦におけるオフィスの"密回避"や遠隔業務支援に続くソリューションとして、医療機関向けに提供する。

用意しているパッケージは、患者の容態やバイタルモニターなどを映像で遠隔モニタリングする「感染病棟・病床遠隔モニタリングパッケージ」、来院患者向けに密集の回避を促す「待合室混雑状況配信パッケージ」、濃厚接触者の早期特定を可能にするという「濃厚接触者早期特定パッケージ」の3つ。

待合室混雑状況配信パッケージの利用イメージ
感染病棟遠隔モニタリングパッケージ(可搬タイプ)の利用イメージ

本誌:鈴木誠