写真で見る

キヤノンEOS 8000D/Kiss X8i

エントリーEOSに新たなラインが仲間入り

キヤノンが4月下旬に発売するデジタル一眼レフカメラ「EOS 8000D」および「EOS Kiss X8i」を写真で紹介する。

EOS Kiss X8iは、長く続く同社のエントリーモデルEOS Kissシリーズの最新モデル。一方のEOS 8000Dは、EOS KissシリーズとEOS 70Dの中間に位置するニューラインのモデルとなっている。

これまで特に男性ユーザーにおいて、EOSのエントリーモデルが欲しくとも“Kiss”の名称を敬遠してEOS 70Dなどの2ケタモデルを選んでいる例もあると聞く。今回のEOS 8000Dはそうした向きにも好適なモデルと言えよう。

EOS 8000DはEOS Kiss X8iがベースとみられ、多くの機能が共通となっている。しかしEOS 8000Dは上面液晶パネルやサブ電子ダイヤルなど、EOS 2ケタモデルに近い操作性をEOS Kiss X8iとほぼ同じボディサイズで実現しているという注目モデルだ。

EOS Kiss X8iも有効2,420万画素センサー、19点の全点クロスAFセンサー、バリアングル式液晶モニターなど充実の装備となっている。

※撮影に使用した個体はいずれも試作機です。

外観など(EOS 8000D)

エントリーモデルとはいえ、“Kiss”の文字が無いと精悍に見えてくる
EOSのエントリーモデルでは始めて、上面の液晶サブパネルを備える
モードダイヤルは左肩に
ファインダー上部にはEOS Kiss X8iには無いアイセンサーが有り、液晶モニターが自動で消灯する
サブ電子ダイヤルが付いているのもEOS Kiss X8iとの違い
EOS Kiss X8i共々バリアングル液晶モニターとなっている
記録メディアスロット
バッテリースロット
外部マイク端子も装備
HDMI端子も備える
EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STMを装着したところ
EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STMを装着したところ
EF-S18-135mm F3.5-5.6 ISを装着したところ
EF-S18-135mm F3.5-5.6 ISを装着したところ
EF-S18-135mm F3.5-5.6 ISを装着したところ

外観など(EOS Kiss X8i)

おなじみのKissのロゴ
モードダイヤルは右肩。左肩に操作部材は無い
こちらはアイセンサー非搭載
サブ電子ダイヤルも省略している
記録メディアスロット
バッテリースロット
マイク端子を装備
HDMI端子も備える
EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STMを装着したところ
EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STMを装着したところ
EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STMを装着したところ

メニュー画面(EOS 8000D)

2,420万画素での記録が可能
NFCでペアリングできるWi-Fiを搭載している

メニュー画面(EOS Kiss X8i)

画素数はEOS 8000Dと同じ
NFC対応のWi-Fi機能を装備

EOS 8000D(左)とEOS Kiss X8i(右)の比較

(本誌:武石修)