写真で見る

パナソニックLUMIX LX100

4/3型センサーを搭載する高級ズームコンパクト

パナソニックが11月13日に発売するLUMIX DMC-LX100は、高級コンパクトデジタルカメラとして歴史あるLX系列の最新モデルにして、ついに4/3型センサーを搭載した意欲作だ。

そのため旧LX系より、本体サイズが一回り大きくなったのは仕方がないところか。有効撮像エリアが4/3型センサー標準の1.33型相当より狭い1.23型相当になっている(マルチアスペクト実現のため)とはいえ、むしろ4/3型センサーと明るいズームレンズとをあわせて、よくぞここまで小型化したと感心させられる。

その本体はとにかく質感が高く、カメラらしい重厚さにあふれている。細部の仕上げやダイヤル類の操作感からしても、これまでのLXシリーズとは一線を画す、カメラらしさを追求した製品だと感じた。

メニュー関連は、近年のLUMIXとほぼ同様。GX7やGH4なみにカスタマイズ項目が豊富に揃えられているところは、本機が上級者向けのカメラである証だろう。

撮影に試用した機材は試作機のため、製品版とは異なる可能性がある。注目の画質については、別途「新製品レビュー」でお伝えするつもりだ。

レンズには焦点距離24-75mm相当(35mm判換算)F1.7-2.8のLEICA DC VARIO-SUMMILUXを採用。左が広角端、右が望遠端の状態
撮像素子は1,280万画素の4/3型。マルチアスペクト実現のため、記録画素数が総画素数よりわずかに少なくなっている
もちろんRAW記録も可能だ
最高感度はISO25600
GH4、FZ1000に続き、4K動画記録および4Kフォトに対応する
レンズ鏡筒。手前からアスペクト比切換スイッチ、コントロールリング、絞りリング。先端にはレンズフロントリングが装着されている
レンズフロントリングを外した状態。先割れ式の自動開閉レンズキャップ(別売)が装着できる
コントロールリングへ割当可能な機能。ステップズームも選択可能
LXシリーズらしさを残すフォーカス切替スイッチ
4方向ボタン周り
左のシャッター速度ダイヤルはLX系で初めての装備。T(タイム)の文字が見える。iAボタンが他のLUMIXより控えめ
iAボタンの動作設定。長押しでしかiAモードに切り替わらないよう設定できる
液晶モニター上に並んだ各ボタン。AF/AE LOCKボタンもある
各所に設けられたFn(ファンクション)ボタンの設定はここから行なう
0.38型約276万ドット相当のEVF。35mm判換算での倍率は約0.7倍
電子ビューファインダーに眼を近づけるとAFが作動するアイセンサーAFも備えている
アイセンサーの感度は強と弱から選べる
液晶モニターと電子ビューファインダーの切替設定
GX7を思わせる形状のグリップ。ただしあれほどごつくはない
バッテリー&メディア室。GX7のようなバッテリー斜め差しではない
ホットシュー。ストロボ、LEDビデオライト、そしてLX3のオプションだった光学ファインダーDMW-VF1(24mm相当)がサポートされている
AV OUT/DIGITAL(左)とHDMI(右)
ストラップ取り付け部。傷防止付きカバーがついた、いわゆる三角環を採用
付属のストラップ。ブラックの細身でLUMIXロゴ入り
Wi-FiおよびNFCに対応。NFCアンテナは左手側の側面下にある
充電器DMW-BTC9が付属。バッテリーパックのDMW-BLG10ともども、GX7やGMシリーズと共用できる
撮影画面の例
電子ビューファインダー用に情報表示だけのモードが用意されている
GX7と同様、Q.MENUはカスタマイズが可能
LUMIX GM5(右)と比較

(本誌:折本幸治)