【 2014/07/24 】
【 2014/07/23 】
【 2014/07/22 】
【 2014/07/18 】
【 2014/07/17 】

写真で見るキヤノン「EOS M」(β機)

〜PowerShot S100とのサイズ比較も
Reported by 本誌:武石修

 キヤノンが9月中旬に発売する「EOS M」のβ機をお借りできたので外観写真などをお伝えする。

EF-M 22mm F2 STMを装着したEOS M

 EOS Mは「小型・軽量と高画質を両立」したとする同社初のノンレフレックス(ミラーレス)カメラ。掲載したデジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X6i」と比べるとその小ささがおわかり頂けるだろう。パンケーキレンズ(EF-M 22mm F2 STM)を付ければ、少し大きめの高級コンパクトデジタルカメラといった趣だ。

 デザインにもEOSのこだわりを注いでおり、今回掲載したブラックはEOS上級機と同じ高耐久の塗装だという。また、シャッターボタン部分の独特のえぐれた形状もこれまでのEOSシリーズを意識したもので「ぜひ注目して欲しい」(キヤノン常務取締役 イメージコミュニケーション事業本部長の真栄田雅也氏)というほど力が入った部分だ。

 液晶モニターはタッチパネル式で、EOS Kiss X6iとほぼ同様のタッチ操作が可能。静電容量式でかつマルチタッチが可能となっており、2本指による画像の拡大縮小といった再生も行なえる。

 今回の記事では、まだ性能評価ができない個体をもとにしている。実写画像なども含めた詳細なレポートは後日お伝えする予定だ。

本体

タッチパネル式液晶モニターの採用で、操作ボタンをEOS Kiss X6iに比べて約35%削減している
マウント部。3本爪のバヨネット式。電子接点はEFマウントの8本から1本増えている APS-Cサイズのセンサーを採用
シャッターボタンと同軸のダイヤルでモードを切り替える シャッターボタン部分はえぐられた形状になっており、指を自然に置けるようにしたという
試してみると、シャッターボタンが真上にあるよりも押しやすい印象だった
Canonロゴは彫り込み 一方EOSロゴはグレーのプリント
適度な盛り上がりの指掛かりがある。従来のEOSのラバーに比べると硬質な素材だった 親指を置く部分も指の収まりは良かった
背面には十字キーの周囲に電子ダイヤルを備える ボディ左上にステレオマイクを装備。今回から大きな音の音割れを防ぐアッテネーター機能を新搭載。マニュアルの録音レベル調整も可能
ホットシューは従来のEOSと同じ接点のためストロボやGPSユニットなどが共用できる ボディの厚み方向の中央付近に撮像面を表すマークがある。フランジバックは18mmだ
HDMI端子やマイク端子も装備 バッテリー及び記録メディア室
充電器とバッテリーは新型に バッテリーはEOS Kiss X6i用の「LP-E8」(左)よりも小型になった
同梱のストラップ。従来のEOSに同梱されていたストラップの幅を狭くしたもののようだ EOS Mのストラップ取り付け部は新方式になった
ストラップが360度回転するので取り回しは良さそうだ。ロックと解除はコインでつまみを回して行なう。レンズにストラップ穴の無いEFレンズであれば、どのレンズを装着した場合でも耐えられるという
裏側から見たところ(ロック解除状態) 同ロック状態
ボディキャップをしたところ
レンズキャップ

メニュー画面など

インフォメーション表示 画面のアイコンをタッチで操作できる

レンズ

EF-M 22mm F2 STM(左)とEF-M 18-55mm F3.5-5.6 IS STM(右) マウント比較。左からEFマウント(EF 24-70mm F2.8 L USM)、EF-Sマウント(EF-S 15-85mm F3.5-5.6 IS USM)、EF-Mマウント(EF-M 18-55mm F3.5-5.6 IS STM)

・EF-M 22mm F2 STM

電源を入れると鏡胴が少しせり出す

・EF-M 18-55mm F3.5-5.6 IS STM

広角端時 望遠端時
EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS II(左)との比較

マウントアダプター「EF-EOS M」

三脚座は金属のダイキャスト製で、着脱可能
EOS Mに装着したところ
EF 24-70mm F2.8 L USMの装着例。カメラよりも重いレンズを装着した場合は、レンズを持って持ち運ぶ
EF-S 15-85mm F3.5-5.6 IS USMの装着例

サイズ比較

・EOS Kiss X6i(右)との比較

・PowerShot S100(右)との比較






武石 修

2012/7/26/ 00:00