【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】

写真で見るニコン「D5100」

Reported by 本誌:鈴木誠

 ニコンが4月21日に発売するデジタル一眼レフカメラ「D5100」をお借りできたので、外観写真を中心にお届けする。実写を交えたレポートは後日掲載する予定だ。

 D5100は、2009年5月に発売した「D5000」(生産完了)の特徴であるバリアングル液晶モニターを継承し、最新モデル「D7000」(2010年10月発売)と同等の有効1,620万画素CMOSセンサーや、画像処理エンジン「EXPEED 2」を採用したモデル。仕様の詳細については既報のニコン、3型バリアングル液晶を採用した「D5100」をご覧頂きたい。

 バリアングル液晶モニターはD5000の縦開きに対し、横開きに変更。2.7型23万ドットから3型92万ドットにサイズアップした。動画記録機能は1,920×1,080ピクセル/30fpsに対応。ボタン配置も従来モデルから変化が見られる。

 店頭予想価格はボディのみが8万円前後、「AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6 G VR」を同梱するD5100レンズキット18-55VRが9万円前後、「AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6 G ED VR」を同梱するD5100レンズキット18-105VRが12万円前後、「AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6 G VR」と「AF-S DX NIKKOR 55-300mm F4.5-5.6 G ED VR」を同梱するD5100 Wズームキット18-55VR・55-300VRが12万5,000円前後の見込み。

外観

バリアングル液晶モニターは横開きになった 液晶モニターを反転したところ
モードダイヤル周辺。ライブビュー起動レバーや動画ボタンを上面に配置した 背面右手側の操作部
背面左手側にはMENUボタンとリモコン受光部 セルフタイマーのボタンをストロボのボタン付近に配置
赤いシンボルは他の現行モデルと異なる曲線的なテイスト 内蔵ストロボをポップアップしたところ
外部マイク、別売のGPSユニット、HDMIケーブルなどを接続する端子類 記録メディアスロット。Eye-Fiにも対応する
バッテリーはD7000やCOOLPIX P7000と共通の「EN-EL14」 同梱のバッテリーとチャージャー

レンズ装着例

・AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6 G VR

D5000(右)と比較

D3100(右)と比較

D5000(中央)、D3100(右)と比較

画面など

・メニュー

再生メニュー 撮影メニュー(1/3)
撮影メニュー(2/3) 撮影メニュー(3/3)
HDR(ハイダイナミックレンジ)を利用可能 露出差を3段階とオートから選択できる
カスタムメニュー(1/3) カスタムメニュー(2/3)
カスタムメニュー(3/3)
セットアップメニュー(1/2) セットアップメニュー(2/2)
画像編集メニュー(1/3) 画像編集メニュー(2/3)
画像編集メニュー(3/3)

・撮影画面

ライブビュー撮影画面の例 拡大表示しているところ
シーンモード時は後ダイヤルでモードを選ぶ スペシャルエフェクトモードも同様
設定項目を一覧表示から選んでいるところ ISO感度の設定画面。選択感度に応じてイメージ画像を表示する
本体の「?」ボタンを押すとヘルプを表示する

・インフォ画面

「クラシックデザイン」の例 「グラフィックデザイン」の例
設定メニューから選べる

・再生画面

再生画面から呼び出せる画像編集メニュー(1/3) 画像編集メニュー(2/3)
画像編集メニュー(3/3)

鈴木 誠

2011/4/6/ 00:00