【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
【 2016/05/20 】
【 2016/05/19 】

写真で見る「オリンパス・ペンE-P1」

Reported by 武石 修

E-P1(シルバー)。装着レンズは「M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8」

 オリンパスが、7月3日に発売するレンズ交換式デジタルカメラ「オリンパス・ペンE-P1」をお借りすることができたので、外観写真とメニュー画面などをお伝えする。また、同時発売の交換レンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6」と「M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8」やアクセサリーも掲載した。なお、実写画像については後日掲載する。

 E-P1は、オリンパス初となるマイクロフォーサーズ機。同社往年のハーフサイズ銀塩カメラ「ペン」のフィロソフィーを受け継いでいるという。クイックリターンミラーを省いたことで薄型化を図ったほか、ファインダーや内蔵ストロボも省略することで、小型化を実現している。

 ボディは6つの金属外装からなっており、手にするとひんやりと冷たさが伝わる。前面に合皮の薄いグリップがあり、ホールド感はなかなかのもの。背面の曲線も右手親指にフィットする。

 シルバーは上下のカバーがつや消しのアルミ、それ以外部分はヘアラインのステンレスになっている。ホワイトも材質は同じ。ホワイトは、上下カバーと、前面および側面の塗装仕上げがやや異なっている。

 モードダイヤルは背面から回す方式になっており、回転がやや堅めになっているのと合わせて、不用意に回転してしまうことはなさそうだ。シャッター音は、同じくマイクロフォーサーズ機のパナソニック「LUMIX DMC-GH1」によく似ている印象を受けた。

 新操作系の「ライブコントロール」は、背面の2つのダイヤルで縦横のメニューを素早く操作できる機能。メインダイヤルの回転で縦のメニューを、横方向に回転するサブダイヤルで横のメニューを操作できるので直感的に動かすことができる。

・シャッター音

 単写・WAV形式

 連写・WAV形式

外観

マウント。クイックリターンミラーは搭載していない 撮像素子
合成皮革の滑り止めを備える 彫込みのメーカーロゴ。両脇の穴はステレオマイク
全面右下にマイクロフォーサーズのロゴを配した マウント横のレンズ取外しボタン
シャッターボタン周り。電源ON時は、パワーボタンの周りがグリーンに光るほか、超音波防塵フィルター(SSWF)の動作を青のランプで知らせる 「OLYMPUS PEN Since 1959 E-P1」の文字をレーザーで刻印
モードダイヤルは背面から回転させる。動画ポジションも設けた ホットシュー
ストラップの吊り輪は三角環式で、2点吊りになっている 背面のボタン類は右側に集約した
十字キーの周囲にメインダイヤルを搭載 親指で回すサブダイヤルを背面右上に設けた
端子カバー内。上からUSB/AV出力、HDMIの各端子 底面のバッテリーおよびメモリーカード室
オリンパスではじめてSDHC/SDメモリーカードを採用した フタ部分に「SDHC」のロゴがある
付属の充電器(左)とバッテリー ボディキャップ。マイクロフォーサーズのロゴ入り
付属のストラップ

「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6」

ブラック(左)とシルバー(右)。鏡枠沈胴時
レンズを沈胴させるためのロックスイッチを搭載
撮影時の状態
沈胴時はコンパクトになる 先端には40.5mm径のフィルターやフードを取り付けできる

・E-P1に装着したところ

レンズキャップを装着したところ
レンズキャップ 同背面
マウント側キャップ

・「ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6」(右)との比較

14mm時(広角端) 42mm時(望遠端)

「M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8」

薄型に仕上がっている
37mm径のフィルターやフードを装着可能

・E-P1に装着したところ

外付けビューファインダー「VF-1」

  35mm判換算で34mm相当のブライトフレームが見える

・E-P1に装着したところ

フォーサーズ用マウントアダプター「MMF-1」

・装着レンズは「ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6」

OMレンズ用マウントアダプター「MF-2」

・装着レンズは「G.ZUIKO AUTO-S 50mm F1.4」

  E-P1に焦点距離を入力することで、OMレンズでもボディ内手ブレ補正が有効になる

本革ボディージャケット「CS-10BWT」とショルダーストラップ(CSS-S109LLWT)

CS-10BWT(左)とCSS-S109LLWT(右)。ホワイトのほかにブラウンも用意する
E-P1に装着したところ
使用例

「E-410」(左)との比較

メニュー画面など

・撮影

2つのダイヤルでパラメーターを変更できる「ライブコントロール」を新搭載 スーパーコンパネも継承している
撮影画面(4:3) 画面を拡大するフォーカスアシストも搭載
新機能の2軸水準器 水平の基準調整もできる
撮影画面(16:9) 撮影画面(3:2)
撮影画面(6:6) ISO6400での撮影が可能になった

・再生

再生画面 RGB別ヒストグラム表示
ヒストグラムを中央に表示することもできる 白トビ、黒ツブレ警告も可能

・動画機能

動画は、ハイビジョン(720p)とSDサイズが選択可能 動画時はプログラムAEと絞り優先AEが選択可能
アートフィルターも6種類すべてを動画に適用可能 動画の最後のフレームをフル画その静止画で記録することもできる
HD動画の撮影画面 再生時のファイルセレクト画面
再生中の画面

・メニュー画面

・カスタムメニュー




武石 修

2009/6/18/ 20:22

デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.