【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
【 2016/05/20 】
【 2016/05/19 】

リコーGXR【第2回】

A12ユニットの“AF高速化ファームウェア”を試してみた

Reported by 本誌:折本幸治


 カメラユニットのS10(RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4 VC)を紹介した第1回の掲載から、2カ月ほど時間が経ってしまった。その間、惚れ込んだS10を常用しつつも、もうひとつのカメラユニットであるA12(GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO)を使いこなせず悩んでいた。

 というのも、コントラスト検出式AFの慎重な動作(遅い、迷う、あきらめる)に身体を合わすことができなかったため。A12のAF速度については、色んなメディアや口コミ情報で喧伝されており、それをもってGXRの購入評価を下げてしまった人もいるだろう。実感としては、屋外での無限遠や5m程度の遠距離だとほぼ問題なく、APS-CサイズセンサーのコントラストAFとして考えると、それなりに実用的な速度に感じる。条件によっては、一部のマイクロフォーサーズ用レンズに遜色ない実力といえるだろう。

 また、フルプレススナップに無限遠を設定しておけば、遠距離の被写体を高速に撮影できるし、Fn1またはFn2にAF/MF切替をアサインしておけば、「AFだと合わないな」という距離のとき、MFに即切り替えることも可能だ(ただしMFは液晶モニターだと輪郭がわかりづらく、近距離の被写体を合わせる自信はいまだなし。画面の中央しか拡大できないのも辛い。現在、使いこなせるよう研究中)。

 問題は1m以内の近距離。特に、30cm以下のマクロ域になると動作が極端に慎重になり、「遅い、迷う、結局合わない」というケースが頻出するようになる。屋内など条件が悪いとなおさらだ。

 もっとも、インナーフォーカスではなく繰り出し式で、しかもコンパクトデジカメよりも被写界深度が薄いAPS-CサイズのセンサーのコントラストAFともなれば、それなりに遅くて慎重な動作になるのは仕方がないだろう。位相差AF式の一眼レフカメラ用マクロレンズであっても、いまだにMFしか利用しないベテランは多いわけで、マクロレンズであるA12をAF速度の面で責めるのは少々お門違いな気がする。ただし最近の一眼レフカメラ用マクロレンズは、超音波モーター化やインナーフォーカス化により、AFでの操作性が飛躍的に高まっているのも事実。あれこれ考えると面倒くさくなり、ボケを強調した作品を意識しないなら、S10の50mm域でもまあ構わないかなと、これまで手を抜いてきたのだ。

 そんな中リコーは、ボディユニットGXR、A12、S10の新ファームウェア(Ver.1.07)を3月18日に公開した。そのうちA12にはセットアップメニューに「AFモード」が追加され、「QK-AF」(高速)と「FR-AF」(低速)が選べるようになった。つまりA12ユーザーが待ち望んだ「AFの高速化」がかなったわけだ。

 ちなみに今回がGXR初のファームウェアアップデート。ボディとカメラユニットを個別にアップデートする必要があるのかと思いきや、1回のアップデート作業でGXRボディとカメラユニットの両方のファームウェアを一変に更新できる。また、同じファームウェアを書き込んだSDHC/SDメモリーカードで、A12とS10のファームウェアバージョンアップが可能。S10の更新が終わった後、カメラユニットをA12に交換すると、そのままA12のファームウェアバージョンアップが可能だった。詳しい内容はリコーのダウンロードページを確認してほしい。

上ボタンを押しながら再生ボタンを長押しすると、ファームウェア更新画面になる 自動的にカメラユニットとボディが同時にアップデート。まずはカメラユニット
その後ボディのファームウェアが自動的に更新
AFモードはセットアップメニューの一番下に出現。QK-AFは高速タイプ。FR-AFは従来タイプのAFと思われる

 注目のQK-AFは、AF動作中にモニターの画像の動きを省略することで、高速化を図ったフォーカスモード。シャッターボタンを半押しすると画面がフリーズし、その間レンズの駆動音と振動が続く。その後、何の予告もなくピントがあった状態に画面が変化。何というかレンズが動いた後、測距位置がワープしたような印象を受けるのだ。なおQK-AFはマルチAF、スポットAFとも使用できる。

 もう一方のFR-AFは、画像の動きが停止せず、従来のAFと同じものと考えてよいだろう。QK-AFより合焦速度は遅いが、「フレーム内構図が決めやすくなる」という利点がある。

【動画】従来のVer.1.06でのAF動作。被写体までの距離は30cmほど。逆光で光量の少ない屋内という悪条件だ
【動画】Ver.1.07のQK-AF。突然AFが合った画面になるのでドキッとする
【動画】Ver.1.07のFR-AF。こちらは従来通りの画面の変化

 そもそもQK-AFは急にピントがあった状態に画面が変わるので、体感的にはかなり速くなったように感じる。それを差し引いても、QK-AFは動作可能なほとんどのケースで、従来のAFより速くなったことを実感した。OKボタン長押しで現れる拡大画面も、QK-AF、FR-AFとも利用可能だ。

 ただし30cm以内のマクロ域になると、相変わらず迷っている時間が長く、結果としてQK-AFによる高速化が感じられないときもある。速くなったとはいえ、動きものを追う気になるほど高性能になったわけではないし、マクロ域でさんざん待たされた挙げ句、結局合わせてくれない状況に出くわすのも今まで通りだ。

 また、被写体が暗いときは自動的にFR-AFになるなど、いまだ暫定的な機能という印象も受ける。場合によっては家庭の室内光程度でもFR-AFになってしまうのだ。マクロターゲット機能と併用できないのも残念だ。

 とはいうものの結果として、特にスナップでの利用価値が高まった印象だ。さらなる機能に期待したい。



本誌:折本幸治

2010/3/23 00:48