悩める写真管理&バックアップに福音?「Googleフォト」を使いこなす

第2回:iOS・Androidアプリを使って見る

外出先でもスマートフォンアプリで写真をチェック

前回は、Googleフォトの概略とPCでの使い方について紹介したが、今回はより便利に使うためのスマートフォンアプリについて紹介しよう。

まず基本的なことだが、Googleフォトにアップロードされた写真・動画データは、クラウド上、つまりオンラインストレージ(Googleフォトライブラリ)に保存されている。

従って、手持ちのスマートフォンに搭載されたブラウザアプリを使って、Googleフォトのサイトにアクセスすれば、そのまま利用できる。

アップロードされたデータの扱いも共通で、例えばPCを使ってアップロードした写真はスマートフォンで確認できるし、その逆もまたしかり。iPhoneでアップロードした写真をAndroid端末で見るという使い方ももちろんできる。

上手く表示できない場合は、「デスクトップ用サイトを表示」など、スマートフォン向け表示ではなく、PC向けのページで表示するとよいだろう。

ただし、利用するスマートフォンの画面サイズや表示状況によっては、PC環境ほどの快適さはない。写真の表示枚数も異なるため、比較するとわかりやすい。そこで注目したいのが、スマートフォンでGoogleフォトを快適に使うためのクライアントアプリだ。

Googleフォトでは、iOS版Android版が用意されており、それぞれ無料で利用できる。

まずは、手持ちの端末に合ったアプリをダウンロード・インストールしてみよう。

インストールが完了したら、アプリを起動し、iOS版は「始める」、Android版では「使ってみる」をタップする。

この時、iOS版では「“Googleフォト”が写真へのアクセスを求めています」というポップアップが表示される。「OK」をタップして許可しておこう。

また、利用端末でGoogleサービスを利用していない場合などでは、Googleアカウントの入力が求められる。入力して、ログインしよう。

ログインが完了すると、「写真や動画のバックアップ」についての設定画面が表示される。ここで設定できるのは、iOS版/Android版ともに「バックアップと同期」と「モバイルデータ通信を使用してバックアップ」の2つ。

バックアップと同期については初めからオンになっており、この項目がオンになることで、端末内の写真・動画が自動的にアップロードされるようになる。

一方の「モバイルデータ通信を使用してバックアップ」は、3Gや4G(LTE)などの電話回線通信時にバックアップ(アップロード)を行うかどうかの設定となる。こちらはオフになっているが、基本的にそのままにしておこう。

スマートフォンの通信契約状況にもよるが、電話回線を使った通信量に上限がある場合や、低速なら無制限で使えるような“格安SIM”と呼ばれるプランの場合、この設定をオンにするとすぐに上限に達してしまう、あるいはいつまで経ってもアップロードが終わらないといったことになってしまう恐れがある。Wi-Fiが利用できない環境など、利用シーンを絞って使う機能だということだ。

「続行」をタップすると、「写真と動画のアップロードサイズ」の設定画面に切り替わる。選択後、再度「続行」をタップする。

この後、iOS版では「お知らせを受け取る」のオン/オフが設定できる。「オンにする」を選ぶと、「“Googleフォト”は通知を送信します。 よろしいですか?」というポップアップが表示されるので、「OK」をタップしよう。

次に、Googleフォトの紹介が表示されるので、「→」をタップして先に進める。最後に「チェックマーク」をタップして初期設定は完了だ。

「バックアップと同期」をオンにしていると、このタイミングで端末内のデータがGoogleフォトへとアップロードされる。大量に写真が保存されている状況だと、通信環境によってはかなり時間が掛かってしまうため注意しよう。

余裕があれば、予め写真をPCなどに移すなどして端末から写真を減らしておくべきだろう。

気になった点がひとつ。iOS版(iPhone 6 Plus)では、クラウド上にアップロードされた写真を表示したと同時に、端末に保存した写真のアップロードが始まったが、Android版(Xperia Z1 f SO-02F)ではアップロードは行なわれず、既にアップロードされた写真のみ表示された。

メニューの「端末のフォルダ」から「アルバムに追加」(アップロード)できるため、問題はなかったが、仕様的には自動アップロードされるはずなので、この状況はちょっと気になる。

原因として考えられるのは、端末のメモリに写真が保存されておらず、アプリ側のアップロード指定フォルダに対象となるデータがなかったことだろうか。

筆者の端末環境では、外部メモリに写真が保存されるように設定していたため、撮影した写真データという意味では、本体メモリに写真は保存されていない。

外部メモリなどに保存された写真の表示は、メニューの「端末のフォルダ」から行う。アップロードしたい写真を選択し、写真メニューの「アルバムに追加」で手動アップロードが可能だ。

自動アップロードさせるには、「設定」の「バックアップと同期」にある「バックアップするフォルダを選択...」で、外部メモリ(microSDXC/SDHC/SDカード)を指定できるのため、これで問題はないはずだ。

現に、外部メモリのフォルダを指定したことで、元からある写真のアップロードが開始された。

また、初期設定終了後に撮影した写真については、アップロードの対象となるようで、iOS版と同様に自動アップロードが行われている。

ここまでが、スマートフォンにおけるGoogleフォトの基本設定だ。カメラアプリを使って撮影することで、自動でアップロードされることになる。

問題は、デジタルカメラで撮影した写真を如何にしてスマートフォンに取り込むかということ。

オーソドックスな方法としては、カメラ内蔵の無線LAN機能を利用して、スマートフォンへと写真を転送することだ。昨今、無線LAN機能を搭載しているデジタルカメラは普及しつつあり、搭載さえしていれば、メーカー純正の管理アプリを使って簡単に転送が行える。

例えば、無線LAN機能を搭載したオリンパス製デジタルカメラの場合、転送アプリ「OLYMPUS Image Share」が利用できる。転送機能を使って、記録メディアに保存された写真データをスマートフォンへと転送可能だ。

もうひとつは、Eye-fi Mobiなどの無線LAN搭載カードを使って転送するという方法だ。Eye-fi Mobiカードの場合、専用の管理アプリを使うことでカードに保存された写真データをスマートフォンへと転送できる。また、転送された写真データは、Eyefiのクラウドサービス「Eyefiクラウド」へとアップロードされる。

こちらの場合は、カメラに無線LAN機能を搭載されていない場合でも、スマートフォンに写真が転送できるのがメリットだ。

ちょっと利用してみた感じでは、Eyefiユーザーであれば、無理してGoogleフォトを使う必要はないかもしれない。

GoogleフォトとEyefiクラウドで共通しているのは、写真をアップロードしてクラウド上で管理するという点だ。共通アカウントを使って、複数のデバイスで運用できるという点もまったく同じ。

異なるのは、アップロード容量と料金の関係だ。

Googleフォトでは、無料だがアップロードサイズが16メガピクセルになる「高品質」と、オリジナルサイズでアップロードできるが有限(無料で15GBまで)の「元のサイズ」という2つのプランが用意されている。

Eyefiクラウドでは、アップロード容量無制限だが年額5,000円(Mobi Proカードを購入すると1年間無料)のサービスしか選べない。

正直、一長一短があるので、これがよいと決め打つのが難しいのだが、コストが気になるのならGoogleフォト。バックアップをクラウド上で行い、かつオリジナル性を求めるならEye-fiというのが現実的だろうか。

ただし、Eye-fi Mobiカードには、Eye-fiクラウドの利用権(購入するカードによって期間は異なる)が付与されるので、そういう意味では、無理してGoogleフォトを使う必要はないと思うのだ。少なくとも、利用権が有効な期間は。

さて次回は、アップロードにまつわる品質とコストについて掘り下げてみようと思う。

飯塚直

(いいづか なお)パソコン誌&カメラ誌を中心に編集・執筆活動を行なうフリーランスエディター。DTP誌出身ということもあり、商業用途で使われる大判プリンタから家庭用のインクジェット複合機までの幅広いプリンタ群、スキャナ、デジタルカメラなどのイメージング機器を得意とする。