デジカメドレスアップ主義

α7 IIケースに見る鳥井工房の進化

α7 II + Helios-103 53mm F1.8

  • ボディ:ソニー α7 II
  • レンズ:ヘリオス-103 53mm F1.8
  • マウントアダプター:焦点工房厳選 CRF-E
  • カメラケース:鳥井工房 ソニーα7 IIエバレディケース(プエブロ/グリージオ)
  • ストラップ:COTTA バケッタレザーネックストラップ(ブラック)

筆者はオールドレンズファンを対象とした写真教室やイベントの講師を担当することがある。昨今、参加者のカメラを見ると、圧倒的にα7 IIが多い。初代α7もオールドレンズファンの間で一気にブレイクしたが、それを上回る普及ぶりだ。フルサイズかつ手ブレ補正搭載ということで、オールドレンズのベースボディとしてほぼベストな環境だからだろう。今回もそんなα7 IIのドレスアップを紹介しよう。

※この記事を読んで行なった行為によって生じた損害はデジカメWatch編集部、澤村徹および、メーカー、購入店もその責を負いません。また、デジカメWatch編集部および澤村徹は、この記事についての個別のご質問・お問い合わせにお答えすることはできません。

今回のキーアイテムは鳥井工房のα7 IIエバレディケースだ。既存のα7エバレディケースはグリップ部のパンチングレザーが特徴だったが、今回はレザーパッチとリベットというデザインリッチなスタイルを採用した。やはりグリップのリベットが強烈な存在感を放っている。

鳥井工房のソニーα7 IIエバレディケースは税込3万5,800円。カラーとレザーの変更も可能だ
本ケースはグリージオ(緑)のプエブロをベースに製作。エイジングしやすいレザーだ

従来、鳥井工房のケースは金属パーツが表に出ることは稀だった。ペッツバールケース以降、徐々に金属パーツの扱いが増え、そのテイストがα7 IIエバレディケースに活かされている。これまで金属パーツは、ペッツバールケース、dpクアトロビューファインダーケースといったキワモノ製品にのみ採用されていた。それがα7 IIケースというメインストリームの製品にも適用されたことから、鳥井工房がデザイン面で新たなフェーズに突入した印象が伝わってくる。

Fnボタンが隠れているが、リベットでボタンの位置を示す。上から押し込めばOKだ
専用ネジで三脚穴に固定する。グリップが大きいため、ザブトンのせり出しは小さめでも問題ないだろう
グリップはレザーを二枚重ねにし、リベットで固定している。デザインリッチなスタイルだ
側面はフックボタンで開閉でき、カメラ本体のデジタル端子にアクセスできる

ストラップはコッタのバケッタレザーネックストラップを合わせてみた。ベジタブルタンニン鞣しを施したバケッタレザーはイタリア製だ。一枚革かつノンステッチというシンプルなスタイルのストラップである。

コッタのバケッタレザーネックストラップは税込1万800円。3色のカラー展開だ

ショルダー部分は25mm幅とやや太めで、先端に向かって細くなっていく。ノンステッチも相まって、非常にスマートなスタイルだ。カラーはブラック、コニャック、ダークブラウンの3色展開で、ブラックとダークブラウンはブラック塗装の二重リングを採用している。この黒い二重リングはめずらしく、新鮮な見え方だ。

ショルダー部分は太めで、両端に行くに従ってスリムになる。スマートなデザインだ
ブラック塗装の二重リングを使用。二重リングはシルバーが大半なので珍しいスタイルだ

オールドレンズはキエフマウント(コンタックスCマウント互換)のヘリオス-103 53mm F1.8を装着してみた。マウントアダプターは焦点工房で取り扱いのあるCRF-Eだ。コンタッククスCニコンSマウントアダプターとしてはめずらしいスタイルで、ヘリコイドがマウントアダプターの外周にある。そのため内爪式のレンズを付けた際、ピント調整してもレンズ指標の位置が変わらない。また、ピントリングのない外爪式レンズを付けても、マウントアダプター側のピントリングでピント調整可能だ。

焦点工房がセレクトしたCRF-Eは税込37,800円。コンタックスCとニコンSレンズに対応する
外周に大きなピントリングがあり、これでピント調整を行う。内爪式レンズでも指標が動かないで済む

カプラータイプのマウントアダプター(ピントリングが内側にあるタイプ)だと、ピントリングのない外爪式レンズはピント合わせできない。オールドレンズに興味がないと「だからどうした!?」というレベルの話だが、オールドレンズファンであればCRF-Eのありがたみは実感してもらえるだろう。

α7 II / Helios-103 53mm F1.8 / 1/2,000秒 / F1.8 / ±0EV / ISO100 / WB:オート
α7 II / Helios-103 53mm F1.8 / 1/60秒 / F5.6 / -1.3EV / ISO250 / WB:オート
α7 II / Helios-103 53mm F1.8 / 1/20秒 / F4 / -0.7EV / ISO100 / WB:オート
α7 II / Helios-103 53mm F1.8 / 1/640秒 / F1.8 / +1.3EV / ISO100 / WB:オート
α7 II / Helios-103 53mm F1.8 / 1/1600秒 / F1.8 / -1.3EV / ISO100 / WB:オート
α7 II / Helios-103 53mm F1.8 / 1/125秒 / F4 / ±0EV / ISO100 / WB:オート

澤村徹

(さわむらてつ)1968年生まれ。法政大学経済学部卒業。ライター、写真家。デジカメドレスアップ、オールドレンズ撮影など、こだわり派向けのカメラホビーを提唱する。2008年より写真家活動を開始し、デジタル赤外線撮影による作品を発表。玄光社「オールドレンズ・ライフ」シリーズをはじめ、オールドレンズ関連書籍を多数執筆。http://metalmickey.jp