【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】

デジカメドレスアップ主義:「そこまでやるか!」の本気アイテム

ソニーNEX-5 + ハッセルブラッド45mm F4
Reported by 澤村徹

  • ボディ:ソニーNEX-5(ブラック)
  • レンズ:ハッセルブラッド45mm F4
  • マウントアダプター:muk select ソニーα NEX-5,3 フジフィルムTX-1(XPan)マウントアダプタ
  • ケース:ユリシーズ NEX-5ボディスーツ
  • ストラップ:VOLK TACTICAL GEAR VOLK SR-LANYARD
  • ストラップパーツ:weiche Brise ストラップパーツ/コードバン

 ソニーNEXシリーズが発売になり、そろそろ1年を迎えようとしている。マウントアダプターやカメラケースなど、すでに一通り出そろった感があるが、ここにきて新たな製品が登場した。しかも満を持しての発売だけあって、「そこまでやるか!」という本気度の高い製品だ。今回のデジカメドレスアップ主義は、旬のNEX-5用アイテムをふたつ紹介しよう。

 ひとつめはユリシーズのNEX-5ボディスーツだ。同ブランドのカメラケースは、カメラ全体を包むフルカバードスタイルを採用している。既存の速写ケーススタイルと一線を画し、個性的なデザインだ。ただし、ことNEX-5に関しては、フルカバードタイプの製作は難しいのでないかと思われていた。なにしろボディがコンパクトな上に、背面は液晶モニターがぎりぎりまで占有している。しかもこの液晶モニターがチルト式なので、常識的な発想ではボディを包み込めない。ユリシーズは幾度となく試作を重ね、この難問をクリアした。背面の限られたスペースにレザーをフックし、カメラ側の機能を妨げないボディスーツを完成している。ブランドコンセプトを貫いた力作である。

両サイドをスナップボタンで留め、NEX-5をケースで包み込む。AF補助光やリモコン受光部、マイク、スピーカーは妨げない設計だ マテリアルは、同社が得意とするダメージ加工済みのイタリアンオイルドレザーを使っている
再生ボタンをケースが覆ってしまうが、黒いレザーチップでマーキングを施している。このマークの上から押し込めばよい ケースを付けた状態で液晶チルトが可能。ケース自体はボディにしっかりとフィットしている
ブラックとチョコレートの2色展開だ。価格はともに1万3,650円。4月24日発売予定だ

 ふたつめのアイテムは、muk selectのTX-1/XPanマウントアダプターだ。TX-1は富士フイルムとハッセルブラッドが共同開発した、フルパノラマ対応レンジファインダーカメラである。同型のブラックタイプがハッセルブラッドからも発売されている。マウントのフランジバックは34.3mmで、理屈の上からはミラーレス機用のマウントアダプターが製作可能だ。とはいえ、かなりレアなカメラなので、実際にマウントアダプターが登場すると驚きを隠せない。ミラーレス機がオールドレンズのベースボディとして、いかに浸透しているかが伝わってくる。

 ドレスアップ面は、バンジースリングをハンドストラップが代わりに装着してみた。これはサバイバルゲームなどで使うミリタリーアイテムだ。作りが丈夫な上に、エンド部の輪に余裕で手首が通せる。NEX-5に直接取り付けることはできないので、weiche Briseのストラップパーツを介して装着した。スリングはいろいろなタイプがあり、アイディア次第でカメラストラップに転用しやすいアイテムだ。

muk selectのNEX用TX-1/XPanマウントアダプターは8,800円。無限遠がしっかり出て使いやすい VOLK TACTICAL GEARのVOLK SR-LANYARDは4,095円だ。カラーはCOYOTE(下)、BLACK、FOLIAGE GREEN(上)の3色展開

 今回はXPan用のハッセルブラッド45mm F4を装着してみた。このレンズは富士フイルムのOEMといわれており、TX-1向けのSUPER-EBC フジノン45mm F4と同型と考えてよいだろう。発色はやや浅いものの、ハイコントラストで見栄えがよい。開放F4という無理のない設計で、開放からシャープで使いやすいレンズだ。TX-1は35mmフィルムを使ったフルパノラマ対応カメラなので、パノラマつながりということでNEXのスイングパノラマで撮った作例も掲載してみた。なお、通常画角の写真はRAWで撮影し、Lightroomでストレート現像している。パノラマ写真はJPEG撮って出しだ。

  • 作例のサムネイルをクリックすると、リサイズなしのRAW現像画像(JPEG)を別ウィンドウで表示します。
NEX-5 / ハッセルブラッド45mm F4 / 4,592×3,056 / 1/800秒 / F4 / 0EV / ISO200 / WB:オート / 45mm NEX-5 / ハッセルブラッド45mm F4 / 4,592×3,056 / 1/400秒 / F4 / 0EV / ISO200 / WB:オート / 45mm
NEX-5 / ハッセルブラッド45mm F4 / 4,592×3,056 / 1/250秒 / F5.6 / -0.7EV / ISO200 / WB:オート / 45mm NEX-5 / ハッセルブラッド45mm F4 / 4,592×3,056 / 1/640秒 / F4 / 0.7EV / ISO200 / WB:オート / 45mm
NEX-5 / ハッセルブラッド45mm F4 / 8,192×1,856 / 1/500秒 / F5.6 / 0EV / ISO250 / WB:オート / 45mm
NEX-5 / ハッセルブラッド45mm F4 / 8,192×1,856 / 1/500秒 / F5.6 / 0EV / ISO250 / WB:オート / 45mm
NEX-5 / ハッセルブラッド45mm F4 / 8,192×1,856 / 1/500秒 / F5.6 / 0EV / ISO200 / WB:オート / 45mm


(さわむらてつ)1968年生まれ。法政大学経済学部卒業。カメラならびにデジタル関係を得意するフリーライター。デジカメドレスアップ、オールドレンズ撮影など、ひと癖あるカメラホビーを提唱する。2008年より写真家活動を開始し、デジタル赤外線撮影による作品を発表。近著は「OLYMPUS PEN E-P2/E-P1カスタムブック」「GR DIGITALカスタムブック」(ともに翔泳社)他。http://metalmickey.jp

2011/4/21 00:00