【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
【 2016/05/20 】
【 2016/05/19 】
【 2016/05/18 】

【伊達淳一のレンズが欲しいッ!】シグマ、「APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM」

〜幅広い画角をカバーできる手ブレ補正付き超望遠レンズ
Reported by 伊達淳一

APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM。キヤノン用、シグマ用、ニコン用が発売済。ソニー用とペンタックス用は発売未定

 デジカメWatch編集部から、シグマの「APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM」(19万8,975円)が届いた。超広角や超望遠好きのボクとしては発表時から気になっていたレンズだけに、二つ返事でレビューを引き受けたのだが、覚悟はしていたものの、箱から取り出してみるとやはりデカくて重い! 手ブレ補正機構「OS」(Optical Stabilizer)を搭載したことで、従来よりも約100gほど重くなり、レンズフードを合わせた実測重量はなんと2,050g(レンズ単体の公称値は1,970g)。

 これはレンズキャップやマウントキャップ、ストラップは含んでいない重量で、OSなしの旧製品よりもおよそ100gほど重くなっている。ちなみに、「APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSM」のレンズ重量(公称値)は1,780g、キヤノン「EF 100-400mm F4.5-5.6 L IS USM」は1,380g。いわゆるサンニッパやゴーヨンなど大口径の超望遠単焦点レンズを別にすれば、トップクラスのヘビー級レンズだ。

 フィルター径も86mmから95mmとサイズアップしており、参考までに95mm径のフィルターの大手量販店の実売価格を調べてみると、ケンコーMCプロテクターが8,452円、NDフィルターが1万290円、サーキュラーPLフィルターはなんと3万6,750円と、フィルター代も結構バカにならない金額だ。まあ、この明るさの超望遠ズームでサーキュラーPLを使うとケースはそれほど多くないだろうが、安くはないレンズだけに保護フィルターはあると安心(逆光など厳しい条件ではフィルターは外して撮影したほうがいいが……)。また、ヘリコプターやプロペラ機を撮影するときには、シャッタースピードを1/125秒程度に落として、ローターやプロペラの動感を出したいところだが、F16まで絞ると小絞りボケの影響が顕著に現れるため、航空機撮影にはND4かND8フィルターを常備しておきたいので、そういったフィルターにかける予算もできれば確保しておきたいところだ。

鏡胴には、焦点距離域ごとの最短撮影距離と撮影倍率がプリントされている

 さて、このレンズの特徴は、なんといっても50mmから500mmという幅広い焦点距離域をカバーできる35mmフルサイズ対応の超望遠ズームということだが、厳密には「ズームレンズ」ではなく、焦点距離を変えるとピント位置が変わってしまう「バリフォーカルレンズ」。最近は、ズームするとピント位置が変動する名ばかりのズームレンズがかなり多くなってきて、必ずズームした後にピントを合わせるのが鉄則になってきているので、そんなに目くじらを立てることもないのだろうが、やはり個人的にバリフォーカルレンズはあまり好きじゃなかったりする。

 ただ、最短撮影距離をより短く設計するにはバリフォーカルレンズのほうが有利らしく、「APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSM」の最短撮影距離はズーム全域で220cmなのに対し、この「APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM」は50〜180cmと焦点距離域に応じて最短撮影距離が変化する。焦点距離域ごとの最短撮影距離と撮影倍率は鏡胴部分に印刷されていて、50mm域では50cm(1:6.3)、70mm域では50cm(1:4.6)、100mm域では50cm(1:3.8)、135mm域では51cm(1:3.4)、200mm域では60cm(1:3.1)、300mm域では90cm(1:3.4)、400mm域では130cm(1:3.9)、500mm域では180cm(1:4.5)となっている。ズームテレ端の500mmで180cmまで寄れるのもスゴイが、ワイド端の50mmで50cmというのは、単焦点の50mmレンズと比べてもほとんど遜色がなく、高倍率の超望遠ズームだからワイド側で寄れないというもどかしさはまったくない。ちなみに、これは位相差AF時の最短撮影距離と思われ、ライブビューAFやMFで調整すれば、表記の撮影距離よりももう1〜2cmほど近寄ることもできた。150〜500mmズームに比べ、これだけ被写体に寄って撮影できるメリットを考えると、バリフォーカル仕様である不便さも十分納得できる。

 さて、気になるのがその写りだが、正直な話、このレンズの第一印象は、あまり良くなかった。というのも、ライブビューの拡大表示を見ても、「EF 300mm F4 L IS USM」や「EF 70-200mm F4 L IS USM」のように、ピントのピークでカリッとエッジ立つわけではなく、どちらかというと「EF 100-400mm F4.5-5.6 L IS USM」のテレ側のように、輪郭がフワッと甘く見えたからだ。

 しかし、実写したカットをPCでチェックしてみるとちゃんと解像はしているようで、軽くアンシャープマスクをかけると、見違えるほど解像感は向上する。そこで、「EOS 7D」のピクチャースタイルを[スタンダード]に設定し、シャープネスもデフォルトよりも1〜2段ほど高めにして撮影してみると、ちょっと線は太くなるものの、なかなかいい感じの仕上がりになる。また、天候が回復し、被写体自身のコントラストが十分ある場合には、カメラ側のシャープネスを高めに設定しなくても、驚くほどキレの良い描写が得られ、遅ればせながらこのレンズの良さがじわじわとわかってきた。

 OSの効きも非常に良く、手持ちでも500mmの超望遠とは思えないほどファインダー像は安定して見える。フォーカシングのスピードも速く、いったんピントを大きく外してしまってからの復帰が素早いのも魅力。これまではHSM(Hyper Sonic Motor)搭載とはいっても、動作音が静かなだけで、あまりフォーカシングが速くないレンズも多かったが、このレンズに関しては爆速の動き。フォーカスリングの動きもなめらかで、フルタイムMF操作(AF/MFスイッチを切り替えずにMF操作ができること)にも対応しているので、親指AFスタイルでも快適に撮影できる点も個人的には外せない評価ポイントだ。

 35mmフルサイズの「EOS 5D MarkII」でも試してみたが、フルサイズでは周辺光量が少し低下するケースが見受けられるので、できればF8以上に絞って撮影したいところ。それとEOS 5D MarkIIだとAF測距点の配置が画面中央寄りで、測距点の数も9点と少ないので、2Kg近くのレンズを支えながらのMF、もしくはフォーカスロックの繰り返しは結構ストレスが溜まる。ニコンD700くらいAFエリアやAF測距点の数が多ければ、また話は変わるのかも知れないが、今回撮影していて気持ちが良かったのは、圧倒的にEOS 7Dだった。

APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSM。価格は12万9,990円

 APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSMとAPO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSMのどちらを選べばいいのか迷う人も多いと思うが、ワイド側に引ける余裕があるという点にそれほど大きなメリットを感じないのであればAPO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSMで十分。実売価格が5万円以上違うし、レンズの重量も200gも軽い。画質的にAPO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSMのほうが上だという声もちらほらと耳にするが、確かにAPO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSMの初期ロットはキレの足りない描写が見受けられることもあったが、数か月後に入手した製品は、APS-Cでも多少周辺光量低下は見られるものの、解像感については何の不満もなく、ニコン用の超望遠ズームとして自腹購入したくらいだ。

 ただ、今回、50-500mmを使ってみて、個人的には50〜150mmの範囲も使うケースが結構多かったのには自分でもビックリ。最短撮影距離も短めなので、望遠マクロ的な撮影もやりやすかった。ボケ味もズームとしてはきれいな部類だ。APS-Cサイズの範囲で安定した周辺光量とワイド側の画角に魅力を感じるのなら、50-500mmズームのほうがお薦めだ。

 このレンズを首から下げてお散歩するには、ちょっと大きく重く、かなり首や肩に負担を強いることになってしまうが、リュック型のカメラバッグに入れて持ち歩くと、それほど重くは感じなかった。というのも、普段なら70-200mm F4、300mm F4、1.4×テレコンバーターという体制で撮影に出かけるのだが、このズームなら1本でそれ以上の画角をカバーできてしまうので、トータルでは荷物が軽くて済む。あとは15-85mmズームをプラスαすれば、ほとんどの撮影に対応できてしまう。最初はバリフォーカルという仕様に不満を感じていたのだが、こうしてレビューを書き終わり、機材を返却する期限が迫ってくると、このレンズを手放してしまうのが惜しいという自分の気持ちに気づいてしまった。なかなかリニューアルしないEF 100-400mm F4.5-5.6 L IS USMをドナドナして、APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSMにリプレースしてしまおうかと、本気で思案中だったりする。

実写サンプル

※サムネイルをクリックすると、リサイズなし・補正なしの撮影画像を別ウインドウで表示します。

ボケ味

共通設定:EOS 5D Mark II / APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSM / 5,616×3,744 / 絞り優先AE / +0.3EV / ISO200 / WB:太陽光

50mm / F4.5 50mm / F5.6 50mm / F8 50mm / F11
100mm / F5 100mm / F5.6 100mm / F8 100mm / F11
  200mm / F5.6 200mm / F8 200mm / F11
  300mm / F6.3 300mm / F8 300mm / F11
  500mm / F6.3 500mm / F8 500mm / F11

歪曲収差&周辺光量

共通設定:EOS 5D Mark II / APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSM / 5,616×3,744 / 絞り優先AE / 0EV / ISO200 / WB:太陽光

50mm / F4.5 50mm / F5.6 50mm / F8 50mm / F11
  100mm / F5 100mm / F8 100mm / F11
  200mm / F5.6 200mm / F8 200mm / F11
  300mm / F6.3 300mm / F8 300mm / F11
  500mm / F6.3 500mm / F8 500mm / F11

一般作例

EOS 5D Mark II

EOS 5D Mark II / APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM / 5,616×3,744 / 1/320秒 / F7 / 0EV / ISO250 / 絞り優先AE / WB:オート / 500mm EOS 5D Mark II / APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM / 5,616×3,744 / 1/320秒 / F8 / +0.3EV / ISO250 / 絞り優先AE / WB:太陽光 / 450mm
EOS 5D Mark II / APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM / 5,616×3,744 / 1/320秒 / F7 / +0.3EV / ISO250 / 絞り優先AE / WB:太陽光 / 332mm EOS 5D Mark II / APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM / 5,616×3,744 / 1/400秒 / F8 / +0.3EV / ISO320 / 絞り優先AE / WB:オート / 500mm
EOS 5D Mark II / APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM / 5,616×3,744 / 1/400秒 / F8 / 0EV / ISO320 / 絞り優先AE / WB:オート / 500mm EOS 5D Mark II / APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM / 5,616×3,744 / 1/125秒 / F8 / 0EV / ISO400 / 絞り優先AE / WB:オート / 500mm
EOS 5D Mark II / APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM / 5,616×3,744 / 1/250秒 / F7 / 0EV / ISO400 / 絞り優先AE / WB:5,100K / 500mm EOS 5D Mark II / APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM / 5,616×3,744 / 1/800秒 / F7 / -0.3EV / ISO200 / 絞り優先AE / WB:5,100K / 413mm
EOS 5D Mark II / APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM / 5,616×3,744 / 1/250秒 / F7 / 0EV / ISO200 / 絞り優先AE / WB:5,100K / 500mm EOS 5D Mark II / APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM / 5,616×3,744 / 1/1000秒 / F8 / 0EV / ISO1250 / マニュアル / WB:5,300K / 500mm
EOS 5D Mark II / APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM / 5,616×3,744 / 1/640秒 / F7 / 0EV / ISO2000 / マニュアル / WB:5,300K / 500mm EOS 5D Mark II / APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM / 5,616×3,744 / 1/400秒 / F7 / 0EV / ISO2000 / マニュアル / WB:5,300K / 373mm
EOS 5D Mark II / APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM / 3,744×5,616 / 1/250秒 / F8 / 0EV / ISO2000 / マニュアル / WB:5,300K / 413mm EOS 5D Mark II / APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM / 3,744×5,616 / 1/250秒 / F8 / 0EV / ISO2000 / マニュアル / WB:5,300K / 332mm
EOS 5D Mark II / APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM / 5,616×3,744 / 1/400秒 / F8 / 0EV / ISO2000 / マニュアル / WB:5,300K / 287mm EOS 5D Mark II / APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM / 5,616×3,744 / 1/250秒 / F6.3 / 0EV / ISO400 / 絞り優先AE / WB:太陽光 / 500mm
EOS 5D Mark II / APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM / 5,616×3,744 / 1/400秒 / F6.3 / +0.3EV / ISO640 / 絞り優先AE / WB:太陽光 / 332mm EOS 5D Mark II / APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM / 5,616×3,744 / 1/200秒 / F8 / +0.3EV / ISO640 / 絞り優先AE / WB:太陽光 / 500mm
EOS 5D Mark II / APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM / 3,744×5,616 / 1/250秒 / F8 / +0.3EV / ISO640 / 絞り優先AE / WB:太陽光 / 450mm EOS 5D Mark II / APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM / 5,616×3,744 / 1/250秒 / F8 / +0.3EV / ISO800 / 絞り優先AE / WB:太陽光 / 500mm

EOS 7D

EOS 7D / APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM / 5,184×3,456 / 1/400秒 / F8 / -0.3EV / ISO400 / 絞り優先AE / WB:太陽光 / 500mm EOS 7D / APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM / 5,184×3,456 / 1/640秒 / F8 / -0.3EV / ISO400 / 絞り優先AE / WB:太陽光 / 413mm
EOS 7D / APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM / 5,184×3,456 / 1/1,000秒 / F6.3 / 0EV / ISO400 / 絞り優先AE / WB:太陽光 / 287mm EOS 7D / APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM / 5,184×3,456 / 1/500秒 / F7 / -0.3EV / ISO400 / 絞り優先AE / WB:太陽光 / 500mm
EOS 7D / APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM / 5,184×3,456 / 1/800秒 / F8 / 0EV / ISO400 / 絞り優先AE / WB:太陽光 / 203mm EOS 7D / APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM / 5,184×3,456 / 1/800秒 / F8 / 0EV / ISO400 / 絞り優先AE / WB:太陽光 / 244mm
EOS 7D / APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM / 5,184×3,456 / 1/400秒 / F9 / -0.7EV / ISO200 / 絞り優先AE / WB:太陽光 / 413mm EOS 7D / APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM / 5,184×3,456 / 1/800秒 / F8 / -0.3EV / ISO320 / 絞り優先AE / WB:太陽光 / 500mm
EOS 7D / APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM / 5,184×3,456 / 1/2,000秒 / F11 / -1.3EV / ISO400 / 絞り優先AE / WB:太陽光 / 244mm EOS 7D / APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM / 3,456×5,184 / 1/1,250秒 / F11 / -1.3EV / ISO400 / 絞り優先AE / WB:太陽光 / 332mm
EOS 7D / APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM / 5,184×3,456 / 1/1,600秒 / F8 / 0EV / ISO400 / 絞り優先AE / WB:太陽光 / 244mm EOS 7D / APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM / 5,184×3,456 / 1/640秒 / F11 / +0.3EV / ISO400 / 絞り優先AE / WB:太陽光 / 50mm
EOS 7D / APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM / 5,184×3,456 / 1/1600秒 / F8 / 0EV / ISO400 / 絞り優先AE / WB:太陽光 / 203mm EOS 7D / APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM / 5,184×3,456 / 1/800秒 / F8 / 0EV / ISO400 / 絞り優先AE / WB:太陽光 / 244mm
EOS 7D / APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM / 5,184×3,456 / 1/125秒 / F8 / 0EV / ISO100 / マニュアル / WB:太陽光 / 203mm
EOS 7D / APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM / 5,184×3,456 / 1/500秒 / F7 / 0EV / ISO1600 / マニュアル / WB:太陽光 / 113mm EOS 7D / APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM / 5,184×3,456 / 1/320秒 / F7 / 0EV / ISO1250 / マニュアル / WB:太陽光 / 203mm
EOS 7D / APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM / 3,456×5,184 / 1/500秒 / F7 / +0.3EV / ISO1600 / 絞り優先AE / WB:太陽光 / 500mm EOS 7D / APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM / 3,456×5,184 / 1/400秒 / F8 / +0.3EV / ISO1600 / 絞り優先AE / WB:太陽光 / 287mm
EOS 7D / APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM / 5,184×3,456 / 1/800秒 / F6.3 / 0EV / ISO1250 / 絞り優先AE / WB:太陽光 / 332mm EOS 7D / APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM / 5,184×3,456 / 1/1600秒 / F8 / -1EV / ISO1600 / 絞り優先AE / WB:太陽光 / 500mm
EOS 7D / APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM / 5,184×3,456 / 1/2500秒 / F6.3 / -1EV / ISO1600 / 絞り優先AE / WB:太陽光 / 287mm EOS 7D / APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM / 5,184×3,456 / 1/800秒 / F8 / -1EV / ISO1600 / 絞り優先AE / WB:太陽光 / 287mm
EOS 7D / APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM / 5,184×3,456 / 1/250秒 / F8 / 0EV / ISO100 / マニュアル / WB:オート / 113mm EOS 7D / APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM / 5,184×3,456 / 1/250秒 / F8 / 0EV / ISO100 / マニュアル / WB:オート / 287mm
EOS 7D / APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM / 3,456×5,184 / 1/320秒 / F6.3 / 0EV / ISO200 / マニュアル / WB:オート / 500mm EOS 7D / APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM / 3,456×5,184 / 1/320秒 / F8 / 0EV / ISO200 / マニュアル / WB:オート / 413mm
EOS 7D / APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM / 5,184×3,456 / 1/320秒 / F6.3 / 0EV / ISO200 / マニュアル / WB:オート / 500mm EOS 7D / APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM / 5,184×3,456 / 1/200秒 / F6.3 / 0EV / ISO200 / マニュアル / WB:オート / 450mm
EOS 7D / APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM / 5,184×3,456 / 1/400秒 / F6.3 / 0EV / ISO320 / マニュアル / WB:オート / 75mm EOS 7D / APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM / 5,184×3,456 / 1/500秒 / F7 / 0EV / ISO320 / マニュアル / WB:オート / 373mm

EOS Kiss X4

EOS Kiss X4 / APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM / 5,184×3,456 / 1/500秒 / F6.3 / -0.7EV / ISO250 / 絞り優先AE / WB:オート / 373mm EOS Kiss X4 / APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM / 5,184×3,456 / 1/400秒 / F6.3 / -0.7EV / ISO200 / 絞り優先AE / WB:オート / 244mm
EOS Kiss X4 / APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM / 5,184×3,456 / 1/500秒 / F8 / 0EV / ISO400 / 絞り優先AE / WB:オート / 287mm EOS Kiss X4 / APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM / 5,184×3,456 / 1/400秒 / F8 / +0.3EV / ISO400 / 絞り優先AE / WB:オート / 167mm
EOS Kiss X4 / APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM / 5,184×3,456 / 1/500秒 / F8 / 0EV / ISO400 / 絞り優先AE / WB:オート / 373mm





伊達淳一
1962年生まれ。千葉大学工学部画像工学科卒業。写真、ビデオカメラ、パソコン誌でカメラマンとして活動する一方、その専門知識を活かし、ライターとしても活躍。黎明期からデジタルカメラを専門にし、カメラマンよりもライター業が多くなる。自らも身銭を切ってデジカメを数多く購入しているヒトバシラーだ。ただし、鳥撮りに関してはまだ半年。飛びモノが撮れるように日々精進中なり

2010/4/28 13:57