【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
【 2016/05/20 】
【 2016/05/19 】
【 2016/05/18 】

【伊達淳一のレンズが欲しいッ!】シグマ「APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSM」

〜予想以上の画質で抜群のコストパフォーマンス
Reported by 伊達淳一

APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSM

 野鳥を撮影し始めると、少しでも焦点距離の長いレンズが欲しくなる。もっともポピュラーな望遠レンズは70〜300mmズームで、撮像素子がAPS-Cサイズのデジタル一眼レフカメラと組み合わせれば、105〜450mm相当(キヤノンなら112〜480mm相当)の“画角”で撮影できるものの、残念ながら野鳥撮影には力不足。大トリミング前提でなければ、小鳥をまともな大きさには写せない。

 とはいっても、これ以上望遠で撮影しようとすると、レンズの選択肢はごく限られてくる。70〜300mmズームの次なるステップとしてお薦めなのは、300mm F4の望遠レンズと1.4倍のテレコンバーターの組み合わせ。レンズ単体では70〜300mmズームのテレ端と同じ画角ながら、開放F値が1絞り明るく、それだけ速いシャッタースピードで撮影できるし、1.4倍のテレコンバーターを装着してもAF撮影が可能。合成焦点距離は420mmになるので、APS〜Cサイズのデジタル一眼レフカメラなら630mm相当(キヤノンなら672mm相当)の画角で撮影できる。AFスピードも速く、単焦点レンズだけあってテレコンバーターを併用しても画質低下はごくわずかだ。

 ただ、300mm F4とテレコンバーターを揃えると、実売で15〜20万円程度もするので、ちょっと予算オーバーという人も多いだろう(これでも、500mm F4などの大口径望遠レンズコースに比べればかなり安上がりなんだけどね)。そんな人にお薦めの超望遠ズームがシグマ「APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSM」だ。

 APS-Cサイズのデジタル一眼レフカメラと組み合わせれば、225〜750mm相当(キヤノンなら240〜800mm相当)の“画角”が得られ、300mm F4+1.4倍テレコンバーターと同等以上の望遠撮影が楽しめる。開放F値はF5〜6.3とちょっと暗めだが、約4段分の手ブレ軽減効果が期待できるOS(Optical Stabilizer=光学式手ブレ補正)機構を搭載。それでいて、実売価格は11万円前後で、手ブレ補正付き超望遠ズームとしては抜群のコストパフォーマンスだ。

 また、APS-Cからフルサイズのデジタル一眼レフに移行すると、もっと焦点距離の長いレンズが欲しくなる。APS-Cサイズのデジタル一眼レフなら、70〜300mmズームがあれば450mm相当の超望遠撮影ができていたのに、フルサイズだと300mmは300mmの画角でしか撮影できないので、もっと望遠で撮影するためには、より焦点距離の長いレンズが必要になる。そんな望遠不足を感じているフルサイズのデジタル一眼レフユーザーにもこのズームは最適だ。

広角端時 望遠端時

 ただし、このレンズを使うには、ある程度の“体力”が求められる。フィルター径は86mmと大きく、レンズ構成も15群21枚と多いので、三脚座やレンズキャップを含めたレンズ重量はなんと1,882gもある(ニコンFマウント用の実測値)。いくら手ブレ補正機構が搭載されているとはいえ、このレンズを長時間手持ちで構え続けるのはちょっと辛いし、70〜300mmズームのように気楽に持って出られるレンズではない。野鳥や飛行機を少しでも大きく鮮明に写したい、という執念にも近い意欲がなければ、思い切ってこのレンズを購入しても、宝の持ち腐れになってしまうだろう。重いレンズを持ち歩けるだけの体力や根性がないのなら、70〜300mmズームで撮影してトリミングで対応するのが賢明だ。

 さて、気になるのが画質だ。いくら魅力的なスペックで実売価格が安くても、肝心の画質が悪くては論外だ。個人的には、タムロン「SP AF 200-500mm F5-6.3 Di LD (IF)」やニコン「Ai AF-S Nikkor ED 300mm F4 D (IF)」+「TC-14E II」を持っているので、無理にこのレンズに買い換える必要に迫られているわけではないが、どちらのレンズにも手ブレ補正がないことと、SP AF 200-500mm F5-6.3ズームは、「D5000」や「D60」などボディ内レンズモーターを省いてしまった機種ではAF撮影できないこともあって、満足できる画質さえ得られるのであれば、手ブレ補正機構&超音波モーター(HSM)搭載というアドバンテージがあるシグマAPO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSMにリプレースしたいと思っていた。

手ブレ補正(OS)のスイッチ部分

 そんなとき、D5000のムック本執筆のためにこのレンズを借りる機会があり、さっそく試写してみるとビックリ。想像していたよりも画質が良かったのだ。もちろん、何十万円もする大口径超望遠レンズと比べるわけにはいかないが、少なくとも70〜300mmズームと比べてもなんの遜色もない画質だ。開放F値が暗いので、よほど明るいシーンでもない限り、シャッタースピードを確保するために絞り開放で撮影せざるを得ないケースが多いが、ピンぼけとブレ(被写体ブレも含む)に気をつけて撮影すれば、絞り開放でも期待以上にシャープな写りが得られている。

 今回、実写作例のほとんどは手持ちで撮影しているが、手ブレ補正の効きも良く、1/125秒以上のシャッタースピードが確保できれば、かなり手ブレする確率は低かった。どちらかというと被写体ブレに悩まされることが多かったが、最近のデジタル一眼レフは感度をISO800〜1600まで上げてもそれほどノイズが酷くならないので、被写体ブレしやすいシーンでは、積極的に高感度で撮影したほうが(ノイズによる画質低下よりも)シャープな描写が引き出せる。

 操作性の良さも魅力だ。レンズ駆動は超音波モーター(HSM)なのでAFの動作音は静粛だし(むしろ手ブレ補正の動作音のほうが気になるくらいだ)、AF/Mスイッチを切り替えなくても、AF合焦後にそのままMF操作が行なえる。カメラを親指AFに設定していれば、AFとMFをシームレスに使い分けることができる。AFスピードは特別速くはないが、ホームに入線してくる電車程度なら、ズーム中域からテレ端でも十分AFが追従する。

三脚座で回転できるため、縦位置撮影も容易だ フードを逆付けして収納したところ

 横浜の開港祭でブルーインパルスの飛行展示があると知り、「D300」とこのズームで撮影してみたが、AFの食いつきも良く、ピントを外して行ったり来たりということもなく、安定して連続撮影できた。また、ズームできる自由度があるのも便利。機体のアップを撮ろうとすると500mmでもまだ不足だが、間近に迫ってきた編隊飛行を全部画面に入れるには、200〜300mmくらいの焦点距離がちょうど良く、ズームならそのどちらにも素早く対応できる。

 キヤノンのゴーヨン(500mm F4)のローンを払い終えたので、今度はニコンのサンニッパ(300mm F2.8)でも……と思っていたのだが、ズームの便利さを改めて実感。これから地方税&国民健康保険税で、ちょっとしゃれにならない金額を納付せざるを得ないこともあり(汗)、サンニッパはしばしあきらめ、このシグマAPO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSMを購入。手ブレ補正を活かし、手持ちでお気楽に撮影できる超望遠ズームとして、結構重宝している。

 ちなみに、超望遠ズームで画質がイマイチな場合、レンズ自体の性能に問題があるというよりも、ブレ、ピンぼけ、大気の揺らぎが原因で、不鮮明な描写になってしまっているケースが結構多い。もちろん、レンズの調整が微妙に狂っているという場合もある(特に超望遠レンズでは、わずかな組み立ての誤差が画質に大きく影響する)ので、ブレやピンぼけに細心の注意を払っても満足できる画質が得られない場合は、レンズを売り飛ばす前に、一度、点検・調整に出してみたほうがいいだろう。

作例

※サムネイルをクリックすると、リサイズなし・補正なしの撮影画像を別ウインドウで表示します。

ボケ味

・150mm

D700 / 4,256×2,832 / 1/640秒 / F5 / -0.3EV / ISO400 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 150mm / ヴィネットコントロール:しない D700 / 4,256×2,832 / 1/320秒 / F8 / -0.3EV / ISO400 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 150mm / ヴィネットコントロール:しない D700 / 4,256×2,832 / 1/160秒 / F11 / -0.3EV / ISO400 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 150mm / ヴィネットコントロール:しない

・300mm

D700 / 4,256×2,832 / 1/640秒 / F6 / -0.3EV / ISO400 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 290mm / ヴィネットコントロール:しない D700 / 4,256×2,832 / 1/400秒 / F8 / -0.3EV / ISO400 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 290mm / ヴィネットコントロール:しない D700 / 4,256×2,832 / 1/200秒 / F11 / -0.3EV / ISO400 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 290mm / ヴィネットコントロール:しない

・500mm

D700 / 4,256×2,832 / 1/400秒 / F6.3 / 0EV / ISO400 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 500mm / ヴィネットコントロール:しない D700 / 4,256×2,832 / 1/320秒 / F8 / 0EV / ISO400 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 500mm / ヴィネットコントロール:しない D700 / 4,256×2,832 / 1/160秒 / F11 / 0EV / ISO400 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 500mm / ヴィネットコントロール:しない

歪曲収差&周辺光量低下

・150mm

D700 / 4,256×2,832 / 1/640秒 / F5 / 0EV / ISO400 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 150mm / ヴィネットコントロール:しない D700 / 4,256×2,832 / 1/320秒 / F8 / 0EV / ISO400 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 150mm / ヴィネットコントロール:しない D700 / 4,256×2,832 / 1/160秒 / F11 / 0EV / ISO400 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 150mm / ヴィネットコントロール:しない

・300mm

D700 / 4,256×2,832 / 1/500秒 / F6 / 0EV / ISO400 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 300mm / ヴィネットコントロール:しない D700 / 4,256×2,832 / 1/320秒 / F8 / 0EV / ISO400 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 300mm / ヴィネットコントロール:しない D700 / 4,256×2,832 / 1/160秒 / F11 / 0EV / ISO400 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 300mm / ヴィネットコントロール:しない

・500mm

D700 / 4,256×2,832 / 1/500秒 / F6.3 / 0EV / ISO400 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 500mm / ヴィネットコントロール:しない D700 / 4,256×2,832 / 1/400秒 / F8 / 0EV / ISO400 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 500mm / ヴィネットコントロール:しない D700 / 4,256×2,832 / 1/200秒 / F11 / 0EV / ISO400 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 500mm / ヴィネットコントロール:しない

一般作例

・ニコン「D700」(FXフォーマット)

D700 / 4,256×2,832 / 1/400秒 / F6.3 / 0EV / ISO1600 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 400mm / ヴィネットコントロール:しない D700 / 4,256×2,832 / 1/320秒 / F6.3 / 0EV / ISO1600 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 500mm / ヴィネットコントロール:しない
D700 / 4,256×2,832 / 1/800秒 / F6.3 / +1EV / ISO1600 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 500mm / ヴィネットコントロール:しない D700 / 4,256×2,832 / 1/1,250秒 / F8 / +0.3EV / ISO1600 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 500mm / ヴィネットコントロール:しない
D700 / 4,256×2,832 / 1/1,000秒 / F8 / -0.3EV / ISO1600 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 500mm / ヴィネットコントロール:しない D700 / 4,256×2,832 / 1/160秒 / F6.3 / -1EV / ISO2500 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 500mm / ヴィネットコントロール:しない
D700 / 4,256×2,832 / 1/60秒 / F6.3 / -0.7EV / ISO2500 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 450mm / ヴィネットコントロール:しない D700 / 4,256×2,832 / 1/400秒 / F11 / -0.3EV / ISO1250 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 500mm / ヴィネットコントロール:しない
D700 / 4,256×2,832 / 1/400秒 / F11 / -0.3EV / ISO1250 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 290mm / ヴィネットコントロール:しない D700 / 4,256×2,832 / 1/200秒 / F6.3 / +0.3EV / ISO800 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 350mm / ヴィネットコントロール:しない
D700 / 4,256×2,832 / 1/320秒 / F6.3 / -0.3EV / ISO2000 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 300mm / ヴィネットコントロール:しない D700 / 4,256×2,832 / 1/200秒 / F6.3 / -0.3EV / ISO1250 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 500mm / ヴィネットコントロール:しない
D700 / 2832x4256 / 1/500秒 / F6.3 / 0EV / ISO1600 / マニュアル露出 / WB:晴天 / 270mm / ヴィネットコントロール:しない D700 / 2832x4256 / 1/500秒 / F6.3 / 0EV / ISO1600 / マニュアル露出 / WB:晴天 / 500mm / ヴィネットコントロール:しない
D700 / 4,256×2,832 / 1/1,000秒 / F6.3 / 0EV / ISO2000 / マニュアル露出 / WB:晴天 / 500mm / ヴィネットコントロール:しない D700 / 4,256×2,832 / 1/1,250秒 / F6.3 / 0EV / ISO1600 / マニュアル露出 / WB:晴天 / 350mm / ヴィネットコントロール:しない
D700 / 4,256×2,832 / 1/1,250秒 / F6.3 / 0EV / ISO1600 / マニュアル露出 / WB:晴天 / 270mm / ヴィネットコントロール:しない D700 / 4,256×2,832 / 1/640秒 / F7 / -0.3EV / ISO1000 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 500mm / ヴィネットコントロール:しない
D700 / 4,256×2,832 / 1/1,250秒 / F6.3 / -0.3EV / ISO1600 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 250mm / ヴィネットコントロール:しない D700 / 2832x4256 / 1/50秒 / F6.3 / 0EV / ISO2500 / 絞り優先AE / WB:オート / 270mm / ヴィネットコントロール:しない
D700 / 4,256×2,832 / 1/100秒 / F5.6 / -0.7EV / ISO2000 / 絞り優先AE / WB:オート / 230mm / ヴィネットコントロール:しない D700 / 4,256×2,832 / 1/60秒 / F5.6 / -1EV / ISO2000 / 絞り優先AE / WB:オート / 170mm / ヴィネットコントロール:しない
D700 / 4,256×2,832 / 1/200秒 / F6.3 / -1EV / ISO1250 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 400mm / ヴィネットコントロール:しない D700 / 4,256×2,832 / 1/1,000秒 / F7 / -0.7EV / ISO1600 / シャッター速度優先AE / WB:晴天 / 500mm / ヴィネットコントロール:しない
D700 / 4,256×2,832 / 1/800秒 / F8 / -0.3EV / ISO1000 / シャッター速度優先AE / WB:晴天 / 500mm / ヴィネットコントロール:しない D700 / 4,256×2,832 / 1/500秒 / F6.3 / 0EV / ISO2800 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 450mm / ヴィネットコントロール:しない
D700 / 4,256×2,832 / 1/320秒 / F6.3 / 0EV / ISO1250 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 500mm / ヴィネットコントロール:しない D700 / 4,256×2,832 / 1/800秒 / F6.3 / 0EV / ISO2000 / シャッター速度優先AE / WB:晴天 / 500mm / ヴィネットコントロール:しない
D700 / 2832x4256 / 1/320秒 / F7 / +0.3EV / ISO640 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 500mm / ヴィネットコントロール:しない D700 / 4,256×2,832 / 1/400秒 / F7 / +0.3EV / ISO640 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 500mm / ヴィネットコントロール:しない
D700 / 4,256×2,832 / 1/400秒 / F7 / +0.3EV / ISO640 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 500mm / ヴィネットコントロール:しない D700 / 4,256×2,832 / 1/320秒 / F6.3 / 0EV / ISO400 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 500mm / ヴィネットコントロール:しない
D700 / 4,256×2,832 / 1/400秒 / F6.3 / 0EV / ISO400 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 400mm / ヴィネットコントロール:しない

・ニコン「D300」(DXフォーマット)

D300 / 4,288×2,848 / 1/1,000秒 / F7 / -0.7EV / ISO400 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 500mm D300 / 4,288×2,848 / 1/800秒 / F7 / -0.7EV / ISO400 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 500mm
D300 / 4,288×2,848 / 1/1,250秒 / F6.3 / -0.7EV / ISO400 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 500mm D300 / 4,288×2,848 / 1/1,000秒 / F7 / -0.7EV / ISO400 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 500mm
D300 / 4,288×2,848 / 1/800秒 / F6.3 / -0.3EV / ISO400 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 500mm D300 / 4,288×2,848 / 1/640秒 / F7 / 0EV / ISO400 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 500mm
D300 / 4,288×2,848 / 1/640秒 / F6.3 / -0.3EV / ISO400 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 500mm D300 / 4,288×2,848 / 1/1,250秒 / F6.3 / 0EV / ISO640 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 500mm
D300 / 4,288×2,848 / 1/3,200秒 / F7 / -0.7EV / ISO800 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 400mm D300 / 4,288×2,848 / 1/2,500秒 / F5.6 / -0.3EV / ISO800 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 220mm
D300 / 4,288×2,848 / 1/640秒 / F6.3 / +0.3EV / ISO800 / 絞り優先AE / WB:オート / 500mm D300 / 4,288×2,848 / 1/2,000秒 / F6.3 / 0EV / ISO800 / 絞り優先AE / WB:オート / 500mm
D300 / 4,288×2,848 / 1/400秒 / F8 / -1EV / ISO500 / マニュアル露出 / WB:晴天 / 500mm D300 / 4,288×2,848 / 1/500秒 / F9 / -1EV / ISO640 / マニュアル露出 / WB:晴天 / 500mm
D300 / 4,288×2,848 / 1/500秒 / F7 / 0EV / ISO800 / マニュアル露出 / WB:晴天 / 500mm D300 / 4,288×2,848 / 1/250秒 / F7 / 0EV / ISO320 / 絞り優先AE / WB:4,550K / 450mm
D300 / 4,288×2,848 / 1/640秒 / F10 / -0.7EV / ISO400 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 380mm D300 / 4,288×2,848 / 1/640秒 / F7 / -0.3EV / ISO400 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 500mm
D300 / 4,288×2,848 / 1/640秒 / F10 / -0.7EV / ISO400 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 500mm D300 / 4,288×2,848 / 1/400秒 / F10 / -0.7EV / ISO500 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 500mm
D300 / 4,288×2,848 / 1/2,000秒 / F10 / -0.7EV / ISO500 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 500mm D300 / 2848x4288 / 1/1,000秒 / F7 / -0.3EV / ISO400 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 350mm
D300 / 4,288×2,848 / 1/1,250秒 / F6.3 / -0.3EV / ISO200 / シャッター速度優先AE / WB:晴天 / 170mm D300 / 4,288×2,848 / 1/1,250秒 / F6 / -0.3EV / ISO200 / シャッター速度優先AE / WB:晴天 / 290mm
D300 / 4,288×2,848 / 1/1,250秒 / F8 / -0.3EV / ISO200 / シャッター速度優先AE / WB:晴天 / 500mm D300 / 4,288×2,848 / 1/1,250秒 / F7 / -0.3EV / ISO200 / シャッター速度優先AE / WB:晴天 / 150mm
D300 / 2848x4288 / 1/1,250秒 / F6 / -0.3EV / ISO200 / シャッター速度優先AE / WB:晴天 / 290mm D300 / 4,288×2,848 / 1/1,600秒 / F6.3 / -0.3EV / ISO200 / シャッター速度優先AE / WB:晴天 / 230mm
D300 / 4,288×2,848 / 1/400秒 / F14 / -0.3EV / ISO200 / シャッター速度優先AE / WB:晴天 / 450mm D300 / 4,288×2,848 / 1/800秒 / F8 / -0.3EV / ISO200 / シャッター速度優先AE / WB:晴天 / 150mm
D300 / 2848x4288 / 1/1,000秒 / F8 / 0EV / ISO200 / シャッター速度優先AE / WB:晴天 / 350mm D300 / 4,288×2,848 / 1/1,000秒 / F7 / -0.3EV / ISO200 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 270mm
D300 / 2848x4288 / 1/1,600秒 / F7 / -0.3EV / ISO200 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 170mm D300 / 4,288×2,848 / 1/1,250秒 / F7 / -0.3EV / ISO200 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 180mm
D300 / 4,288×2,848 / 1/800秒 / F10 / -0.3EV / ISO200 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 150mm D300 / 4,288×2,848 / 1/500秒 / F11 / -0.3EV / ISO200 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 150mm

・ニコン「D5000」(DXフォーマット)

D5000 / 4,288×2,848 / 1/500秒 / F6.3 / 0EV / ISO720 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 500mm D5000 / 4,288×2,848 / 1/500秒 / F6.3 / +0.3EV / ISO1400 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 500mm
D5000 / 4,288×2,848 / 1/1,000秒 / F6.3 / +0.3EV / ISO640 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 500mm D5000 / 4,288×2,848 / 1/1,250秒 / F6.3 / 0EV / ISO400 / 絞り優先AE / WB:晴天 / 500mm




伊達淳一
1962年生まれ。千葉大学工学部画像工学科卒業。写真、ビデオカメラ、パソコン誌でカメラマンとして活動する一方、その専門知識を活かし、ライターとしても活躍。黎明期からデジタルカメラを専門にし、カメラマンよりもライター業が多くなる。自らも身銭を切ってデジカメを数多く購入しているヒトバシラーだ。ただし、鳥撮りに関してはまだ半年。飛びモノが撮れるように日々精進中なり

2009/6/25 00:00


デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.