フォトコンテスト

キヤノン「復興支援フォトコンテスト」作品募集中

仙台では支援活動を報告する写真展も

「復興支援フォトコンテスト」(5)復興の船出

キヤノンマーケティングジャパン株式会社は、「復興支援フォトコンテスト」を3月3日から開催している。また仙台市では、5年間の復興支援をテーマにした写真展も3月3日から始まった。

復興支援フォトコンテスト

東日本大震災復興支援活動の一環として行なわれるもので、復興支援を行なう団体に応募1件につき100円を寄付する。寄付先は認定NPO法人ピースウィンズ・ジャパン。

  • 募集期間:2016年3月3日(木)〜2016年5月9日(月)17時

  • 募集テーマ:「東日本大震災の復興に向けて、被災地での希望・元気をあらわす写真」「東日本大震災の復興に向けて、被災地に希望・元気を届ける写真」

  • サブテーマ:(1) 人物、(2) 自然(花・空・風景など)、(3) その他(復興の様子など)

  • 結果発表:6月に「復興支援フォトコンテスト」ホームページにて発表

賞品は、EOS M3・EF-M15-45 IS STM レンズキット(最優秀賞1名)、フォトアルバムサービス「PhotoJewel S」クーポン1万円分(優秀賞2名)、フォトブック作成サービス「PHOTOPRESSO」クーポン3,000円分(希望・元気賞6名)。

写真展「Smile for the future 〜復興支援活動報告 5年間の歩み〜」

震災から5年にわたる復興支援活動をテーマに、仙台市で写真展が行なわれる。被災地での写真教室の様子や、過去2回の復興支援フォトコンテストの受賞作品など、29点の写真を展示する。

加えて会場では、被災地における官・学・民が連携した復興支援活動を紹介。キヤノンの技術を使った津波監視などの活動内容を報告するという。

キヤノンマーケティングジャパンは2012年、被災地におけるコミュニティづくりや心のケアを目的とする「みんなの笑顔プロジェクト」を発足。写真教室などを開催してきた。

また、同じく2012年には「東北復興推進室」を設立。地方自治体、復興庁、大学、民間の復興支援組織などと連携して、支援活動を行なっている。

  • ・会場:キヤノンギャラリー仙台
  • ・住所:宮城県仙台市青葉区一番町1-9-1仙台トラストタワー15階
  • ・会期:2016年3月3日(木)〜3月15日(火)
  • ・時間:10時〜18時
  • ・休館:土曜日・日曜日・祝日
  • ・入場:無料