ニュース

ライカT用の「ズミルックスTL f1.4/35mm ASPH.」が発売

APS-C大口径標準レンズ ライカSLでも撮影可

ライカカメラジャパンは、APS-C交換レンズ「ライカ ズミルックスTL f1.4/35mm ASPH.」を3月31日に発売する。価格は未定。

編集部撮影

APS-Cフォーマットの「ライカT」用レンズ。2016年春の発売を予告していた。ライカSLと共通のライカLバヨネットマウントを採用し、35mmフルサイズのライカSLでもクロップ撮影で使用可能。

インナーフォーカス方式を採用。鏡筒はブラックアルマイトとシルバーアルマイトの2色を用意した。

ブラック
シルバー

レンズ構成は、非球面4面を含む8群12枚。最短撮影距離は0.4m。最小絞りはF16。

フィルター径は60mm。バヨネットフードが付属する。

最大径×全長は約70×77mm。重量は約428g(いずれもレンズフード非装着時)。

編集部撮影