ニュース

富士フイルム、インスタントフィルム「FP-100C」を生産終了

富士フイルムは2月29日、インスタントカラーフィルム「FP-100C」の生産終了を告知した。出荷終了時期は2016年春頃の見込みとしている。

富士フイルムWebサイトの製品情報ページより

最後まで同社ラインナップに残っていた8.5×10.8cmサイズのFP-100C、FP-100Cシルクが生産終了した。

販売数量が年々大幅に減少し、これ以上の生産ができない状況というのが販売終了の理由。