ニュース

マンフロットのトラベル三脚に小型モデル「befree one」

マンフロットは、トラベル三脚「befree」の新ラインナップとして、格納性を向上させた「befree one」シリーズを2月25日に発売する。メーカー希望小売価格は2万4,600円(税別)。カラーは、ブラック、レッド、グレーの3色を用意する。

従来のbefreeシリーズでは格納高が40cmだったのに対し、本シリーズは32cmと約20%コンパクトになった。同社によると、ミニ三脚を除く同社三脚の中では一番コンパクトなモデルになるという。

さらにbefreeシリーズの特徴を受け継ぎ、「開脚セレクター」によって開脚角度(25度/51度)を素早くセットアップ可能。

befreeシリーズと同様に、脚を収納する際には、脚の間にクイックリリースプレートが収まるように設計されている。脚部には、人間工学に基づいて開発・設計されたというレッグウォーマーを装備する。

全伸高は130cm。伸高は113cm。段数は4段。最低高は49cm。格納高は32cm。重量は1.35kg。最大耐荷重は2.5kg。自由雲台と専用のキャリングケースが付属する。

飯塚直