ニュース

【CES】背面モニターがないデジタルカメラ、Polaroid Snap

プリンターを本体に内蔵 撮影即プリントのインスタントデジカメ

PolaroidはCES 2016において、プリンター内蔵デジタルカメラ「Polaroid Snap」を大々的に展示。光学ファインダーのみで背面モニターがない、シンプルな製品が受けていた。

「デジタルインスタントカメラ」を標榜する製品で、1,000万画素100米ドルで発売中。軽くて薄い本体にZINKフォトペーパー用のプリンターを内蔵する。ただし、一般的なデジタルカメラにあるはずの背面モニターがなく、素通しの折り畳み式光学ファインダーで構図を決める。

赤いシャッターボタンを押すと自動的にプリントが始まり、しばらく待つとフォトペーパーが排出される。インスタントカメラを思わせるシンプルなコンセプトのかたわら、microSDスロットを搭載し、撮影画像をPCなどに保存することも可能。10秒のセルフタイマーも専用ボタンで設けられている。

時節柄、IoTの具現化がテーマとなった今回のCES 2016において、プリントという古くから親しまれている手法を堂々と前面に出して出展。ブースの約4分の1にPolaroid Snapを大量展示し、来場者の足を見事に留めていたのは立派だ。

中央が電源ONスイッチを兼ねる折り畳み式の光学ファインダー。
光学ファインダーが開いた。
シンプルな素通しの光学ファインダー。
ZINKフォトペーパーの排出スロット。
ZINKフォトペーパーは背面に装填する。
Polariod Snapのカラーバリエーションのひとつ。
同じくカラーバリエーション。
同じくカラーバリエーション。
microSDスロットや充電用のUSB端子を装備。一応、PCなどにデータを移せる。
Polaroid製品のテーマは「Share The Fun!」。ただしここでのシェアはすなわちプリントだ。
もうひとつ力を入れていたのがアクションカメラの「Polariod CUBE」。600万画素で防水・防滴・対衝撃性能を備える。フルHD動画記録が可能。こちらも100米ドル。