ニュース

Lexar、XQDカードの高速版を2月1日に国内出荷

ニコンの一眼レフD5やD500が対応

Lexar Professional 2933x XQD 2.0カード
Lexar Professional 1400x XQD 2.0カード

マイクロンジャパンは1月6日、LexarブランドのXQDカード2モデルとXQD対応カードリーダーを2月1日に出荷すると発表した。価格はオープンプライス。2015年10月15日に国内導入を発表していた製品。

「Lexar Professional 2933x XQD 2.0カード」は、最大読み込み速度440MB/秒。店頭予想価格(税別、以下同)は128GBが5万円前後、64GBが2万8,000円前後、32GBが1万6,000円前後の見込み。

「Lexar Professional 1400x XQD 2.0カード」は、最大読み込み速度210MB/秒。店頭予想価格は64GBが1万6,000円前後、32GBが1万円前後の見込み。

LexarのXQDカードは1333xタイプが発売済みで、新製品は高速版となる。ともに水、振動、衝撃、温度などに対する耐久性を備えるとする。

カードリーダー「Lexar Professional Workflow XR2」(XQD 2.0 USB 3.0リーダー)の店頭予想価格は5,000円前後。同じシリーズのCFやSDカードリーダーをスタックして使うこともできる。

Lexar Professional Workflow XR2(XQD 2.0 USB 3.0リーダー)

XQDカードは、2011年12月に発表された比較的新しいメモリーカード規格。1月6日にニコンが発表した一眼レフカメラD5(XQD-Type)とD500のほか、発売済みのD4SとD4が採用している。他にはソニーがXQDカードを発売済み。CFとの互換性はない。