ニュース

ソニー、フルサイズミラーレス「α7S II」を海外発表

超高感度対応はそのままに、5軸手ブレ補正機構を搭載 本体で4K動画が記録可能

ソニーは9月11日、ミラーレスカメラ「α7S II」を欧州で発表した。11月に3,400ユーロで発売する。国内での発売は未定。

α7S IIの発表により、α7 IIおよびα7R IIと合わせてα7シリーズのII型が出そろったっことになる。

2014年6月に発売した「α7S」の後継とみられるモデル。α7Sは、α7シリーズのうち画素数を抑えてダイナミックレンジや高感度画質を高めたモデルで、α7S IIは35mmフルサイズの1,220万画素センサーや最高ISO409600の高感度撮影機能などを継承している。

その上で、α7 IIやα7R IIと同じ5軸手ブレ補正機構を新搭載した。

AFはファストインテリジェントAFで、AFポイントは従来の25点から169点に増えた。動体に対するAF速度は従来比2倍になったという。

EVFは約0.71倍から約0.78倍のOLED(有機EL)になった。

シャッターユニット

従来は外部レコーダーが必要だった4K動画を本体のみで撮影可能になった。動画は全画素読み出しとしている。120fpsの高速度撮影にも対応した。

Distagon T* FE 35mm F1.4 ZAの装着例
Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSSの装着例