ニュース

カシオ、Bluetooth常時接続モデル第2弾「EXILIM EX-ZR3000」

1/1.7型センサー採用 12倍ズームで広角端F2.8

カシオは、コンパクトデジタルカメラ「EXILIM EX-ZR3000」を7月31日に、「EXILIM EX-ZR60」を8月28日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格はZR3000が5万2,000円前後、ZR60が3万2,000円前後の見込み。

いずれも、撮影画像をBluetoothでスマートフォンに自動転送できる「エクシリム オートトランスファー」を搭載するモデル。

専用アプリ「EXILIM Connect」をインストールしたスマートフォンと常時接続することで、カメラのシャッターを切るだけで画像を転送できるほか、カメラの電源がOFFでも、スマートフォンからカメラの画像を閲覧したりできる。

また、写真共有アプリ「Scene」と連携し、撮影画像をクラウドアルバムに保存できる。

EXILIM EX-ZR3000

1/1.7型有効1,210万画素の裏面照射型CMOSセンサーを搭載する高倍率モデル。ブラックとホワイトを用意する。

エクシリム オートトランスファーを搭載する従来モデル「EXILIM EX-ZR1600」は1/2.3型の有効1,610万画素センサーだった。

レンズは35mm判換算での焦点距離25-300mm相当F2.8-6.3の12倍ズーム。広角端はF2.8と明るい。レンズシフト式手ブレ補正機構を搭載する。

デュアルCPUによる「EXILIMエンジンHS Ver.3」を搭載し、起動1.3秒、合焦0.15秒、レリーズタイムラグ0.016秒、撮影間隔0.22秒の高速レスポンスを謳う。

最高感度はISO6400。HSナイトショット時は最大ISO25600。

連写速度は30コマ/秒(最大30コマまで)。

液晶モニターは約92万ドットの3型。上180度のチルトも可能。

外形寸法は108.3×61.5×36.7mm、バッテリーと記録メディアを含む重量は約248g。

EXILIM EX-ZR60

1/2.3型有効1,610万画素の裏面照射型センサーを搭載するモデル。自分撮りが容易な180度動くチルト式液晶モニターを備える。グリーン、ピンク、ホワイトを用意する。

メイクアップ機能に加えて、ハイキー、フォギー、フェアリー、ノスタルジー、ビビッドの効果を適用できる「セルフィーアート」機能を搭載する。

また自分撮り向けの機能として、フロントシャッターを搭載。押すだけで、2秒〜5秒までの好きなタイミングでタイマー撮影が可能となっている。

レンズは35mm判換算での焦点距離25-250mm相当F3.5-6.5の10倍ズーム。レンズシフト式の手ブレ補正機構を備える。

液晶モニターは約92万ドットの3型。

外形寸法は99.6×59.5×25mm、バッテリーと記録メディアを含む重量は約202g。