ニュース

【CP+】ストールのような不思議なカメラストラップ

ハッセルブラッド×プロフォトブースにて

ハッセルブラッド・ジャパンとプロフォトは、CP+2015で合同ブースを展開。両社とも新製品はなかったが、そこでユニークなカメラストラップを見つけたので紹介しよう。

ハッセルブラッドのステージでは、昨年と同様に和装のモデルが登場。能面師、北澤秀太氏による本物の能面も展示されている
こちらはプロフォトのステージ。B1 500 Air TTLにおけるハイスピードシンクロ機能の紹介を河野鉄平氏が担当。デジカメ Watchでの作例はこちらから。

その名も「Camera Sling!」という製品。大雑把に言えば、ストールをカメラストラップにした製品だ。ハッセルブラッドおよびプロフォトの製品ではないが、作者の杉山さくらさん自らが、ブースでビラ配りをしていたのに出くわした。どうやらハッセルブラッドステージに立つ専属モデルがCamera Sling!を着用することから、宣伝が許されているようだ。

ストールをそのままカメラストラップにしたようなCamera Sling!
斜めがけにも対応

Camera Sling!のメリットのひとつ目は、カメラの重さを肩や背中で分散可能な点。一般的なストラップよりも幅が広いためだ。素材は強度のあるポリエステル。重いカメラを吊っても、強度に問題はないという。杉山さんによるとこの形状は、赤ちゃんの抱っこひもにヒントを得たとのこと。

幅が広いので、重いカメラも肩全体で支えられる

メリットその2は、カメラを風呂敷のように包めること。バッグの中で当たり傷からカメラを守り、しかもカメラについた汚れを拭き取れる。汚れたCaemra Sling!は洗濯が可能。

単にストールをカメラに取り付けただけでなく、長さ調整も可能。斜めがけにも対応する。内部にレンズキャップなどを入れられるポケットがあるのもポイントだ。

デザインは豊富に用意されており、会場には迷彩柄など男性向けと思われるデザインもあった。

代官山北村写真機店や秋葉原の浜田電機で販売中。価格は税別9,000円。

長さ調節も可能
たくさんのデザインを見せてもらった