ニュース

世界最薄の標準ズームレンズ「HD PENTAX-DA 18-50mm F4-5.6 DC WR RE」

鏡枠沈胴方式なのに防滴仕様

リコーイメージングは2月10日、Kマウント用交換レンズ「HD PENTAX-DA 18-50mm F4-5.6 DC WR RE」を発表した。近日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は税別3万円前後の見込み。

鏡枠沈胴方式を採用した標準ズームレンズ。APS-Cのイメージサークルに対応する。

同社が1月6日に発表した「デジタル一眼レフカメラ」(2015 International CESの参考出品モデル)に装着されていた“18-50mm F4-5.6の刻印のあるレンズ”の正式発表と見られる。

長さを約41mmに抑え、デジタル一眼レフカメラ用標準ズームとして世界最薄を謳う。鏡枠沈胴方式はKマウントでは初となる。「小型化が進むボディと合わせることで携帯性に優れる」(同社)としている。

撮影時の状態。左は広角端、右は望遠端

35mm判換算での焦点距離は27.5〜76.5mm相当。レンズ構成は異常低分散ガラスと非球面レンズを含む8群11枚。独自のHDコーティングも施し、ゴーストやフレアの発生を抑えた。

AFの動作中でも即座にMFが可能なクイックシフト・フォーカス・システムも搭載する。また、9カ所にシーリングを施し防滴構造としている。

赤い部分にシーリングを施した

最短撮影距離は0.3m。最大撮影倍率は0.23倍。フィルター径は58mm。絞り羽根は7枚(円形)。最大径は71mm、重量は158g。フードが付属する。

付属のフードを装着したところ

なお、同クラスのKマウントレンズとしては、「smc PENTAX-DA 18-55mm F3.5-5.6AL WR」などがある。

(参考)2015 International CESの参考出品モデル「デジタル一眼レフカメラ」