ニュース

タフネスGPSカメラの最新版「RICOH WG-5 GPS」

“雅”と“リバーサル”追加 水中撮影の機能向上も

RICOH WG-5 GPS(ガンメタリック)

リコーイメージングは、「RICOH WG-5 GPS」を3月13日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は税別3万円台後半の見込み。本体カラーはオレンジとガンメタリックの2色から選べる。

水深14m防水、2.2m耐落下衝撃、-10度耐低温、100kgf耐荷重、防塵のタフネス性能を持つコンパクトデジタルカメラ。GPS機能を内蔵する。耐落下衝撃性能がWG-4(従来モデル)の2mから向上した。

撮像素子やレンズのスペックはWG-4と同様。1/2.3型有効約1,600万画素のCMOSセンサーを採用する。感度はISO125〜6400。連写合成を利用した「手持ち夜景」を搭載する。

レンズは35mm判換算約25-100mm相当F2-4.9。手ブレ補正機構はセンサーシフト式と電子式の併用。

オレンジ

画像仕上げに、同社レンズ交換式カメラでも採用されている「雅(MIYABI)」、「リバーサル」を追加した。

水中撮影モードは、絞りとシャッタースピードの制御を見直し、水中での手ブレを軽減。水中向け「マーメード」モードに「発光禁止+強制発光」を加え、ワンシャッターでストロボの発光・非発光の2枚を連続撮影できるようになった。

レンズ周囲に近距離撮影用のLED補助光(6灯)を装備。デジタル顕微鏡モードでのムラが少ない照明や、ストロボ的に利用して手ブレ・被写体ブレを抑える「瞬間輝度アップ」を利用できる。また、自分撮り時には顔検出機能との組み合わせで、フレーム内に顔が収まっているかどうかのインジケーターとしても機能する。

レンズ周囲に6灯のLEDを装備

動画記録は最大でフルHD/30fpsに対応。ハイスピードカメラ撮影、早送り動画撮影も可能。

GPSモジュールを内蔵。撮影画像への位置情報記録や、測位ログデータ記録、自動時刻合わせなどが可能。圧力センサーと電子コンパスも搭載しており、撮影場所の気圧、高度/水深、方位もカメラで確認可能。

液晶モニターは3型約46万ドット。

同梱バッテリーはD-LI92。撮影可能枚数は約240枚。

対応記録メディアはSDXC/SDHC/SDカード。内蔵メモリー約70MBも備える。

外径寸法は約125×64.5×32mm、重量は約236g(バッテリー、SDカード含む)。

カラビナストラップが付属。別売オプションで、プロテクタージャケットO-CC1352、ベルトループ付きカメラケースO-CC135、フロートストラップO-ST1352、ワイコンDW-5対応のレンズアダプターO-LA135を用意する。

カラビナストラップ装着例
WGホルダー+WG粘着マウントとの組み合わせイメージ(いずれも別売)