ニュース

キヤノン、グリップタイプのエントリー高倍率機

「Connect Station」対応モデルも

PowerShot SX530 HS
PowerShot SX410 IS

キヤノンは、高倍率ズーム機「PowerShot SX530 HS」を2月19日に、「PowerShot SX410 IS」を3月中旬にそれぞれ発売する。価格はいずれもオープンプライス。

PowerShot SX530 HS

焦点距離24-1,200mm相当(35mm判換算換算)F3.4-6.5の50倍ズームレンズ搭載モデル。直販価格は4万4,800円。

撮像素子は1/2.3型有効1,600万画素CMOSセンサー。最高感度はISO3200。30pのフルHD動画を撮影可能。

フレーミングアシストボタンを備える。押すとカメラが自動で最適な被写体サイズに調整するという機能で、カメラの動き、顔サイズ/距離、人数などの情報から適切な被写体サイズにフレーミングする。

Wi-FiとNFC機能を搭載し、「Connect Station」に対応する。Connect Stationは同社が6月に発売するHDD内蔵のフォトストレージで、本カメラを上に置くだけで写真の取り込みができる。

液晶モニターは約46万ドットの3型。電源はリチウムイオン充電池「NB-6LH」。撮影可能枚数は約210枚。

外形寸法は120×81.7×91.9mm、バッテリーと記録メディアを含む重量は約442g。

PowerShot SX410 IS

焦点距離24-960mm相当(35mm判換算換算)F3.5-6.3の40倍ズームを搭載するモデル。直販価格は2万9,800円。

SX530 HSからフレーミングアシストボタンやWi-Fi/NFC機能を省いた下位機種。本体サイズが大幅に小型化されている。

撮像素子は1/2.3型有効2,000万画素CCDセンサー。HD動画を撮影可能。

液晶モニターは約23万ドットの3型。電源はリチウムイオン充電池「NB-11LH」。撮影可能枚数は約185枚。

外形寸法は104.4×69.1×85.1mm、バッテリーと記録メディアを含む重量は約325g。