ニュース

ソニー、4K動画出力に対応した「α7S」を海外発表

有効1,220万画素・拡張ISO409600対応

 ソニーは4月7日、米ラスベガスで開幕した国際放送機器展NAB2014において、Eマウント機「α7S」を発表した。静止画撮影が可能だが、非圧縮の4K動画出力に対応するなど、4K制作機材のひとつとして紹介されている。

 海外での発売時期と価格は未定。国内での発売に関するアナウンスもまだない。

 35mmフルサイズ相当、有効1,220万画素のExmor CMOSセンサーを採用するEマウント機。高感度・低ノイズを特徴とし、設定可能な感度は常用ISO100-102400、拡張ISO50-409600としている。発売済みの「α7R」(有効約3,640万画素)、「α7」(有効約2,430万画素)は最高感度がいずれも拡張ISO51200だった。

 外観は発売済みのα7R/α7と同様。ダイヤルやボタンの配置などにも違いは見られない。BIONZ X、ファストインテリジェントAF、XGA有機ELパネル採用のEVF、Wi-Fi機能、NFC、PlayMemories Camera Appsも引き続き搭載する。

 また、NAB2014では、新製品の「Eマウント電動ズームレンズ」と「XLRアダプターキット」も参考展示するという。

「Sony NAB Press Conference 2014」のライブストリームにて、スライド上に電動ズームレンズ(開発中)の画像があった。28-135mm F4と書かれている