ニュース

カールツァイス、マクロレンズ「Touit 2.8/50M」を3月下旬に発売

 カールツァイスは、マクロレンズ「Touit 2.8/50M」を3月下旬に発売する。価格は11万2,500円。ソニーEマウント用と富士フイルムXマウント用を用意する。

Eマウント用
Xマウント用

 海外で1月31日に正式発表していた製品。「Touit」シリーズの第3弾で、同シリーズ初のマクロレンズとなる。APS-Cサイズのイメージサークルに対応する。

 等倍撮影が可能なAF対応マクロレンズ。11群14枚構成の「マクロプラナー」を採用し、フローティング機構と合わせて収差を排除したという。非球面レンズと特殊低分散ガラスレンズを各2枚採用した。

 独自技術により迷光を制御し、コントラストのある画像を再現するという。インナーフォーカスを採用する。

 絞り羽根は9枚で真円に近いボケを実現するという。

 最短撮影距離は0.15m。フィルター径は52mm。最大径は65mm。全長は104mm(Eマウント、レンズキャップ含む)、108mm(Xマウント、同)。

 これまで同様、Xマウント用のみ絞りリングを備える。

 Touitシリーズはこれまでに「Touit 2.8/12」と「Touit 1.8/32」が発売済み。