ニュース

オリンパス、大口径標準レンズ「M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8」

 オリンパスは、マイクロフォーサーズレンズ「M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8」を2月末に発売する。価格は4万4,100円。カラーはブラックとシルバーの2色。

ブラック
シルバー

 35mm判換算50mm相当の画角を得られる標準レンズ。同社マイクロフォーサーズレンズのうちF1.8の単焦点は、17mm、45mm、75mmに続く4本目。発売済みの3本と同じく、スタンダードレンズより1段上の「M.ZUIKO PREMIUM」ラインに位置づける。

 レンズ構成は非球面2枚を含む7群9枚。最短撮影距離は25cm。最大撮影倍率は0.12倍。絞りは7枚羽根の円形絞り。

 フィルター径は46mm。外形寸法は57.8×42mm。重量は137g。

 別売のマクロコンバーター「MCON-P02」(8,925円)に対応。装着すると最短撮影距離が単体使用時の25cmから17cmに縮まる。

 同社製品ページでは、MTF曲線を並べて「M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8と同等の光学性能」としてアピールしている。45mm F1.8は、小型で安価ながら画質に定評ある中望遠レンズ。