ニュース

コシナ、α7シリーズ対応の「VM-E Close Focus Adapter」を12月21日に発売

NEX用VM/Fマウントアダプターでのケラレ状況も掲載

 コシナは、フォクトレンダーブランドの補助ヘリコイド付きマウントアダプター「VM-E Close Focus Adapter」の発売日を12月21日に決定した。また、補助ヘリコイドを持たない発売済み製品「VM E-mount Adapter」「F E-mount Adapter」を経由してソニーα7R/α7で同社製レンズを使用した際、一部レンズで周辺光量ケラレが発生するとして対象リストを掲載した。

VM-E Close Focus Adapter

 VM-E Close Focus Adapterは、アダプター本体に繰り出し幅4mmの補助ヘリコイドを持ち、最短撮影距離が長めのレンジファインダーカメラ用レンズでも接写を可能とする製品。当初からEマウントフルサイズ機への対応も謳っており、12月の発売を予告していた。価格は3万8,640円。

 周辺光量ケラレの確認リストは、補助ヘリコイドを持たない同社アダプター2モデル(VM E-mount AdapterとF E-mount Adapter)で同社製レンズをソニーα7R/α7に装着した場合、HELIAR classic 75mm F1.8(VMマウント)、NOKTON 58mm F1.4(Fマウント互換。以下同)、APO-LANTHER 90mm F3.5、Distagon T* 2,8/15、Planar T* 1,4/50、Makro-Planar T* 2/100などで周辺光量ケラレが確認されたというもの。完全なリストは製品情報ページに掲載されている。

 従来アダプターでのケラレは、Eマウントフルサイズ機のイメージサークルより従来のEマウント機(APS-CセンサーのNEX)に向けて設計されたアダプターの内径が小さいことで発生する。新たに発売するVM-E Close Focus Adapterでは、Eマウントフルサイズ機での使用を前提に内径を広く設計しているため、同様の現象は発生しないという。同アダプターでサポートするレンズの一覧も製品情報ページに掲載されている。

 なお、「F E-mount Adapter」は上記の掲載と同じ12月10日に生産終了を発表。「VM E-mount Adapter」も、ブラックとシルバーのうちシルバーのみ生産終了と告知した。コシナによると、後継製品についてはまだ未定だが、どちらもEマウントフルサイズ機への対応を検討中という。