ニュース

「RING CUBE」がリニューアルオープン

ショールーム機能も強化

※オープン後の内部の写真を追加しました(2013年4月26日)

 ペンタックスリコーイメージングは、リコーフォトギャラリー「RING CUBE」を25日にリニューアルオープンする。

8階ギャラリーゾーン改装後のイメージ

 改装後は8階をラウンジスタイルの「A.W.Pギャラリーゾーン」にする。テラウチマサト氏がプロデュースし、タブレット端末での作品鑑賞や写真談義などが楽しめるようテーブルも設ける。写真集やオリジナルプリントの販売も行なう。A.W.Pは、Around the World Photo、Amusement、Wisdom、Wonder、Placeといったコンセプトワードから命名した。

 A.W.Pギャラリーゾーンの入場料は500円で、年間パスポートは3,500円。ペンタックスリコーファミリークラブ会員は無料(初回利用時に1年有効の入場カード発行手数料315円が必要)。また年間パスポートを購入するとペンタックスリコーファミリークラブに初年度無料で入会できる。

 9階のカメラゾーンおよびクリエイティブゾーンには、最新のデジタルカメラなどを体験できるショールームとする。また、より多彩なプログラムを用意したワークショップも開催する。9階のフォトスペースは作品発表の場としても活用する。

 オープニング企画写真展としてウィリアム・ゴットリーブ氏の「NYジャズシーン! an old good time」を5月27日まで開催する(最終日17時まで)。

 所在は東京都中央区銀座5-7-2 三愛ドリームセンター8階/9階。開館は11時〜20時(火曜休館)。

 RING CUBEは、リコーが2008年10月21日にオープンしたギャラリー。8階のギャラリースペースは、「より効果的かつ効率的な運営を進めるべく」(ペンタックスリコーイメージング)との理由で2012年8月1日から休館していた。

RING CUBEが入居する三愛ドリームセンター。改装後のA.W.Pギャラリーゾーンにおじゃました
エレベータで8階へ。まずは無料スペースが広がる。作品の一部と動画を鑑賞可能
入口の奥が有料スペースのA.W.Pギャラリーゾーン
インフォーメンションカウンター
内部はラウンジ風の空間になっている
奥のカウンターにはiPadが。iPadで過去の展示作品のアーカイブが閲覧できるようになるという
オリジナルグッズ類のディスプレイも
デロンギ製のエスプレッソマシーン。自由に飲むことができる