ニュース

鉄道写真家・中井精也氏監修のカメラバッグ

〜フルサイズボディ×2と大三元に対応

 インプレスジャパンは、カメラバッグ「ヘラルダー39中井精也スペシャルモデル」を3月31日に発売する。価格は3万9,800円。1月19日から予約を受け付ける。2月末までの先行予約価格は3万4,800円。

 CLUBIMPRESS会員およびGANREFプレミアムサービス加入者特別価格は2万9,800円。初回生産のみの限定品。直販サイト「インプレスジャパンダイレクト」で扱う。

 ガードフォースジャパンがバンガードブランドで販売している「ヘラルダー38」をベースに、鉄道写真家の中井精也氏が監修したバッグ。

試作品のフィールドテストをする中井氏

 レンズを付けたままカメラを天面のファスナーから取り出せる機能を継承しながら、中井氏の標準的な機材一式が無理なく入る容量を確保したという。

 D4とD600に加えて、14-24mm、24-70mm、70-200mmの各F2.8レンズ、テレコンバーター3種類、ストロボ、13型までのノートPCが収納できる。

 中井氏の希望によるブラウンカラーで、アンティーク調の金属パーツなども採用。ローカル線をイメージしたワンポイント刺繍や背面革パーツに“Seiya”の刻印が入る。

 内寸は410×300×180mm、外寸は500×350×340mm、重量は3,000g。レインカバーなどが付属する。