【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
【 2016/05/20 】

キヤノン、無線LAN機能を内蔵した「PowerShot S110」


 キヤノンは、「PowerShot S110」を10月中旬に発売する。価格はオープン。キヤノンオンラインショップでの販売価格は4万9,980円。本体色はブラック、シルバー、ホワイト。



 2011年12月に発売された「PowerShot S100」の後継モデル。新たに無線LAN機能やタッチパネルなどを搭載した。撮像素子も高感度に強いタイプに切り替わったという。

 撮像素子は有効約1,210万画素の1/1.7型高感度CMOSセンサー。前モデルとスペックは同じだが、新設計のセンサーになるという。映像エンジンはDIGIC 5。感度はISO80〜12800。PowerShot S100は最高ISO6400までだった。ダイナミックレンジも拡大した。

 レンズはPowerShot S100と共通。焦点距離24-120mm相当(35mm判換算)の光学5倍ズームレンズを搭載する。開放F値はF2-5.9。最短撮影距離は3〜50cm(広角側)。高い解像感を保ったまま10倍までデジタルズームできる「プログレッシブファインズーム」が搭載された。

 撮影タイムラグが従来機種の0.4秒から0.25秒(広角端)に短縮されたのも特徴。

 先行して発売されたIXY 430Fと共通の無線LAN機能を搭載する。スマートフォンとは専用アプリを介しての直接接続が可能で、カメラからスマートフォン、スマートフォンからカメラといった画像のやり取りが行なえる。アクセスポイント経由での接続も可能。

 前モデルの特徴だったGPS機能は省略された。その代わり、無料アプリ「CameraWindow」(Andoroid 2.3/4.0以降、iOS 4.3以降対応)をインストールしたスマートフォンを撮影時に持ち歩くことで、スマートフォンが記録した位置情報を写真に付加する「GPSモバイルリンク」が使えるようになった。撮影後にスマートフォンからカメラに位置情報を転送することで、撮影時刻に一致する位置データが自動的に付加される。





 背面には3型約46.1万ドットの液晶モニターを搭載。静電式タッチパネルを採用している。タッチパネルで調節したい設定を選択しつつ、コントローラーリングで調整が可能な「タッチアンドセレクト」機能を利用可能。

 外観上の特徴としては、シリーズ初のホワイトカラーを投入。PowerShot S110特有のグリップ部のラバーパーツが省略された。

 外形寸法は98.8×59×26.9mm。質量は約198g(バッテリー、メモリーカード含む)、約173g(本体のみ)。



(本誌:折本幸治)

2012/9/19 13:06